6/1 DOLBY ATMOS x Netflixセミナー @ Avid Space Tokyo

By in Pro Mixing, イベント情報, オーディオ

昨年6月、NetflixはDOLBY ATMOSに対応し、Netflixオリジナルアニメ「BLAME!」などの作品をリリースしました。Netflixで臨場感あふれるイマーシブ・サウンドをホームシアターで体験できる環境が整い、3Dサラウンドの新しいオーディオフォーマットとして、DOLBY ATMOSのさらなる普及が見込まれます。 本セミナーでは、7.1.4ch再生環境を備えたAvid Space Tokyoにて、Netflix、Dolby Japanよりゲストをお招きし、今求められる新しいコンテンツ制作のノウハウとツールをご紹介いたします。さらに、BLAME!の音響監督を務めた岩浪美和氏をお招きし、作品の制作過程をご紹介します。

もちろん、DOLBY ATMOSに対応したAvid製品:Pro Tools | Ultimate、Pro Tools | S6、Pro Tools | MTRXなどもご覧いただけます。

開催概要

  • 日時:2018年6月1日(金) 16:00~18:00 (受付開始15:30)
  • 場所:Avid Space Tokyo 東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館 4F アビッドテクロジー(株)内
  • 交通のご案内(map) 東京メトロ – 銀座線 南北線「溜池山王」駅 12番出口 直結 – 丸の内線 千代田線「国会議事堂前」駅 地下通路より溜池山王駅を経て12番出口 直結– 千代田線「赤坂」駅より 徒歩10分
  • 参加費:無料
  • 定員:50名

本セミナーは申込み多数により、満席となりました。

アジェンダ

16:00-17:00 第一部:Netflixコンテンツ制作の為のノウハウとツールの紹介

  1. DOLBY ATMOS最新情報:中山 尚幸氏(Dolby Japan)
    • ドルビージャパン中山氏によるDOLBY ATMOSフォーマットの技術解説並びに最新コンテンツ情報等をご紹介いただきます。
  1. Netflixコンテンツ制作基準:宮川 遥氏(Netflix Japan)
    • Netflixのコンテンツ制作への取り組みや必要なアセットについて解説していただきます。

17:10-18:00 第二部: Pro Tools | Ultimate 2018:最新DOLBY ATMOSプロダクション・デモ

  1. Pro Tools | Ultimate 2018 – 最新DOLBY ATMOSプロダクション・デモ : ダニエル ラヴェル (Avid)
    • Pro Tools | Ultimate及びHDXを使用して制作されたDOLBY ATMOS対応作品を紹介
    • その作品でのPro Tools Ultimateのイマーシブ・オーディオ制作環境を説明します。
  2. Netflix DOLBY ATMOS対応コンテンツ「BLAME!」ご紹介 : 岩浪 美和氏
    • 国内Netflixオリジナル・コンテンツ初のDOLBY ATMOS対応となった作品「BLAME!」の音響制作過程を、岩浪様をお招きして、インタビュー並びに実際の映像や音声データとともに、作品そのものもご紹介。

※セミナー内容は、事情により変更となる場合もございます。

Avid Space Tokyo

Dolby Atmosとは?

Dolby Atmosは、2012年に映画館音響システムとして登場したDolby社のイマーシブサラウンド・フォーマットです。現在では、映画以外のコンテンツにも活用され、再生環境も拡大中です。   Dolby Atmosの仕組みは、

  • チャンネルベース(7.1.2ch)とオブジェクトベース(118トラック)を同時再生
  • レンダリングエンジン(RMU)が出力チャンネル(=スピーカー数)に合わせて出力
  • オブジェクト・オーディオには三次元位置情報等のメタデータが付く

となっています。   Dolby Atmosには、映画館上映を目的としたマスターである” Cinema (シネマ)”と一般家庭での試聴を目的としたマスター “ Home(ホーム) ”の二種類が用意されています。   Dolby Atmosに関するさらなる詳細は、こちらをご参照ください。

アビッドテクノロジー株式会社、マーケティング・マネージャー。アビッドのイベント情報、ユーザー事例、ソリューションなどを紹介していきます。