Avid Connect Live Japan 2020

By in イベント情報, オーディオ, ニュース・トピックス, ビデオ, 報道

Avid Connect Live Japan 2020 – オンラインイベント

11月12日(木)12:30~18:45

 

Avid Connect Live Japan 2020は、製品ロードマップ、製品最新情報、様々な情報を広く皆さまにご覧いただくため、お客さまの健康と安全を優先的に考え、またリモートワークをされているお客さまも気兼ねなくご参加いただけるオンラインイベントです。

 

General Sessionでは、業界トレンドを踏まえて、Avidが進めているデジタルの世界におけるイノベーション(ロードマップ)、Tech Sessionでは、4K HDR/イマーシブオーディオのためのビデオ/オーディオ・コラボレーション・ワークフローついて、デジタルオーディオおよびビデオソリューションの両方を提供するAvidならではの内容をご紹介いたします。

また、その他各セッションでは、昨今の情勢からも検討が避けられなくなったクラウドソリューション、最新テクノロジー紹介や、サードパーティツールの最新情報など、様々な情報をご紹介いたします。現在のメディア制作をサポートしながらより質の高いコンテンツ制作を実現するためのヒントを共有いたします。

 

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

※ 参加無料、事前登録制です。
(お手数ですが、セッション毎にご登録ください。 )
※ プログラム内容は、予告なく変更になる場合があります。

■■セッションスケジュール■■

Session1: 12:30-12:50 (20m) General Session: CEO兼社長メッセージ&Avidロードマップ

: Avidの進めているイノベーションを、プロダクトロードマップ交えてご紹介します。


Speaker:
アビッドテクノロジー株式会社
リージョナルセールスダイレクター/アジア
池内 亨

Avid Connect Live Japanのオープニングとなるこちらのセッションでは、CEO兼社長 ジェフ・ロシカから日本の皆さまへ向けてのメッセージをお届けします。業界トレンドを踏まえて、Avidが進めているデジタルの世界におけるイノベーション、製品ロードマップをご紹介。
メディア業界では、投資に対するプレッシャーにさらされながら、スピードと効率的な運用への工夫が必要とされる一方、ますます高品質で魅力的なコンテンツが求められています。それらの課題に向き合うためにAvidが果たすべき役割、注力していく領域について説明しながら、将来へのアイディアをシェアします。20分間と限られた時間ですがぜひご参加ください!

Session2: 13:00-13:45 (45m) Tech Session: 4K HDR/イマーシブオーディオのためのビデオ/オーディオ・コラボレーション・ワークフロー

: 4K HDR/イマーシブ・オーディオ・コンテンツ制作に於けるMedia ComposerとPro Toolsの統合型ポスト・プロダクション・ワークフローをご紹介します。

 

Speaker:
アビッドテクノロジー株式会社
グローバル・プリセールス
ソリューションズ・スペシャリスト-ビデオ
西岡 崇行

APACオーディオ・ソリューション・スペシャリスト
マネージャー
ダニエル・ラヴェル

 

4K HDR/イマーシブオーディオのためのコラボレーション・ワークフローについて、デジタルオーディオおよびビデオソリューションの両方を提供するAvidならではのソリューションをご紹介します。HDRに対応するビデオ制作ツールと、映画、OTT、ストリーミングサービスにより普及が拡大するDolby Atmosミキシング・ワークフローのデモも行います。最新のPro Tools 2020、Media Composer 2020の機能アップデート情報も併せてご紹介しますので、ぜひご参加ください!

Session3: 14:00-14:45 (45m) The Cargo Cult Matchbox ~オート・コンフォーミング・ソリューションfor Pro Tools & Media Composer~

: Pro ToolsとMedeia Composerに対応した音声/映像の自動コンフォーミングソフトウェアについて、ゲストスピーカーと共にご紹介します。

 

Speaker:
株式会社ソナ 染谷 和孝 氏
The Cargo Cult  ジャスティン・ウェブスター 氏

Presented by タックシステム株式会社

The Cargo Cultから発売となった「Matchbox」は、日々行われる編修のやり直しや改編作業に迅速に対応するために考案されたリコンフォーム・ソフトウェアです。
EDLやAAF情報をもとにリコンフォームを行うソフトウェアは従来もございましたが、「Matchbox」はそのようなデータが無い場合でもオリジナルのビデオクリップと改編後のビデオクリップさえあればどこがどのように再編集されたかを解析し、Pro Toolsのセッションを切り貼りして並び直してくれるという 『ポストプロダクション・エンジニアを救う』 最強ツールです。

 

株式会社ソナ 染谷 和孝 氏

1963年東京生まれ。東京工学院専門学校卒業後、(株)ビクター青山スタジオ、(株)IMAGICA、(株)イメージスタジオ109、ソニーPCL株式会社を経て2007年(株)ダイマジック、2014年には(株)ビー・ブルーのDolby Atmos対応スタジオの設立に参加。2020年に株式会社ソナ制作技術部に所属を移し、サウンドデザイナー/リレコーディングミキサーとして活動中。   2006年よりAES(オーディオ・エンジニアリング・ソサエティー)「Audio for Games部門」のバイスチェアーを務める。また、2019年9月よりAES日本支部 広報理事を担当。

 

The Cargo Cult  ジャスティン・ウェブスター 氏

ニュージーランドのウェリントンに拠点を置くエミー賞を受賞したサウンドデザイナーかつソフトウェア開発者。
彼のサウンドツールは、The Hobbit、Ready Player One、They Shall Not Grow Oldなどの大ヒット映画で聞くことができますが、彼のソフトウェアツールは映画やテレビ業界で広く普及しており、小規模な独立したプロダクションから大ヒットまで、例えばGame of ThronesやBohemian Rhapsodyなどあらゆる作品で使用されています。

imdb.com/name/nm1383714/
http://thecargocult.nz

Session4: 15:00-15:45 (45m) Adobeワークフロー & MediaCentralワークフロー

: エンタープライズやエディター向けにリリースした、Adobeをサポートした新しいAvidソリューションをご紹介します。

 

Speaker:
アビッドテクノロジー株式会社
グローバル・プリセールス
ソリューションズ・スペシャリスト-ビデオ
西岡 崇行

リリースされたばかりの、メディア・エンタープライズおよびポストプロダクション向けのAdobeワークフローとMediaCentralワークフローをご紹介するセッションです。AvidユーザーとAdobe Premiere Proユーザーにとって、可能性を限りなく広げます。
想像してみてください!組織のメディアライブラリ全体にアクセスし、プロジェクトを共有し、どこからでも他のエディターやコンテンツ寄稿者と共同作業が可能にできたなら・・・。メディアと制作管理を簡素化することで、生産性の向上を実現できます。ニュース、スポーツ、ポストプロダクションのワークフローを加速するオープンプラットフォーム・エコシステムのMediaCentral®、共有ストレージのAvid NEXISと併せて、ワークフローをご紹介します。メタデータの取り扱い、リモートワークが当たり前となりつつある現在、リモートコラボレーションを有効化するヒントを得てください!

Session5: 16:00-16:45 (45m) MAでの4K再生をハンドリングするノウハウ 〜Video Satelliteを用いた4K HDRプレビュー〜

: MAにも導入が進んでいる4K再生。今後のコンテンツのクオリティーを左右するテクノロジーをどうハンドリングするのか、MA側での4K HDRワークフローについて考察します。

 

Speaker:
株式会社メディア・インテグレーション
ROCK ON PRO/Product Specialist
前田 洋介 氏

MAにも導入が進んでいる4K再生。今後のコンテンツのクオリティーを左右するテクノロジーをどうハンドリングするのか、MA側での4K HDRワークフローについて考察します。Media Composerに対応する4Kコーデックの確認から、Pro Toolsにおける60p対応、Video Satelliteとの連携システムをどう構築するか、4K再生に必要な要件とはなにか。いま求められているテクニカルな情報を取りまとめ、2021年もさらに進展するであろう制作システム構築についてのノウハウをお届けします。

Session6: 17:00-17:45 (45m) クラウド/リモートワークフロー・ソリューション

: 新しい働き方様式に対応できる、Avid NEXISを活用したリモートワークフローをご紹介します。

 

Speaker:
アビッドテクノロジー株式会社
グローバル・プリセールス
ソリューションズ・スペシャリスト-ビデオ
西岡 崇行

新しい働き方様式に対応できる、共有ストレージAvid NEXISを活用したリモートワークフローをご紹介します。お客さまのご要望、環境に合わせたリモート編集をぜひ見つけてください!
Media Composerユーザーであればすぐにスタートできるオンプレミス環境を仮想化で活用するリモートワークフローから、オールインワンのクラウドベース・リモート編集のAvid | Edit On Demandワークフローへの移行、制作をクラウドに移行するための短長期計画としてご検討いただいているお客さまへ、さまざまなリモートワークフロー・ソリューションをご紹介するセッションです。セキュアなリモートアクセスを可能にし、リモートワークフローへのニーズ、テレワークの必要性に対応したAvidのクラウド/リモートワークフロー・ソリューションで、新たな可能性を見出してください!

Session7: 18:00-18:45 (45m) SRTプロトコル対応のビデオサーバーにおけるメディア・ワークフロー

: 近日リリースのMediaCental | Streamをデモを交えてご紹介します。

 

Speaker:
アビッドテクノロジー株式会社
ソリューションデザイン・アンド・コンサルティング
ソリューションズ・アーキテクト
粟谷 充

 

近日リリースとなるMediaCentral | Streamの最新情報を、一早くご紹介します。
メディア・ワークフロー向けプラットフォームMediaCentralファミリーのMediaCentral | Streamは、SRTプロトコルによるIPビデオストリームの収録ができるビデオサーバーで、オンプレミスおよびクラウド環境に配備できます。セッションでは、クラウド環境への映像・音声のアップロードからストレージへの保管、さらに保管した素材の編集などを実演を交えながら具体的にご紹介します。

■■参加特典■■

3セッション以上、ご参加いただいた方から抽選で20名様へ、ビデオ編集ソフトウェア「Media Composer」年間サブスクリプションライセンスと音楽編集ソフトウェア「Pro Tools」年間サブスクリプションライセンスをセットでプレゼント!!

※抽選結果のご連絡は、当選者のみに行っております。
※ご登録のメールアドレスに誤り等があった場合には、抽選対象から除外させていただきます。
※抽選に当選された場合、12月15日までにご連絡させていただきます。