Avid | JNEWS: Japrsライブラリに保管する完パケと編集元素材のメタデータを自動連携

By in 報道

Avid報道・制作システムとニシコンJaprsとの連携

Avidの報道・制作システム(以下Avidシステム)は、MA編集の「ProTools®│Software」なども含め、映像から音声までのトータルなファイルベースワークフローという特長がある。さらにリモート編集が可能で、ネットワーク環境があればどこででも「Media Composer®│Software(以下、Media Composer)の機能を使うことができる。取材やロケの現場で編集作業を行うことができる革新的なコラボレーション機能を備えている。
そして、編集を終えたメディアデータを送出サーバーに送り出すという、オンエアまでの一貫した報道・制作を行うトータルシステムとして世界中の放送局が採用し、高い評価を得ている。
Avidシステムと連携する報道支援システムとして日本では「Japrs」(ニシコン)がある。取材予定や項目表の作成、送出の支援、ライブラリのアーカイブを管理・運用するもので、それらメタデータは報道・制作のプロセスと密接に連携している。

Japrsのライブラリ機能で完パケデータを保存

AvidシステムはJaprsで管理される取材予定の番組名・放送日や項目表を受け取り、素材共有サーバー「Avid NEXIS」に番組名のフォルダーを自動作成し、放送日フォルダーも同時に作成する。項目表からはシーケンス、番組クレジットを自動で受け取り、各フォルダーと関連づけて運用する仕組みである。
Media Composerで完パケが仕上がると、送出サーバーへ転送される。Japrsは送出支援としてオンエアするキューシートをAvidシステムへ送り、送出クリップをオンエア順に並べ替えてオンエアしていく。オンエア終了後、Avidシステムは完パケとともにプロキシとサムネイルを作成してJaprsに送る。Japrsにあるライブラリ機能を使って、その完パケデータをXDCAMやLTOなどに出力してアーカイブする。これにより、素材管理内のデータを削除しても、少なくともオンエアした完パケがライブラリに残るため、多くの放送局がこれに頼っている。

完パケ再利用でコメントや警告のメタデータを失う

ところが、このアーカイブには大きな問題があった。それは撮影取材した素材に記した「コメント」や「マーカー」、「警告」といった付加情報の連続性である。例えば、「警告」情報は権利情報や取材先の秘匿に関する重要な情報であるが、送出サーバーに送られる完パケは編集が終わった映像・音のメディアデータだけで、コメントやマーカー、警告などのメタデータは送出サーバーには転送されていないということだ。
日々の運用では、編集時点で最終チェックをしているのでオンエアに支障はない。問題は、アーカイブされたメディアデータを再利用する際に生じる。メディアデータを復元すると、コメントもマーカーも警告も、これら重要な情報が抜け落ちた危険な状態になっていたのである。
そこでAvidは、完パケをアーカイブする際に、編集で使われた一連の元素材にあるコメントやマーカー、警告も含むメタデータをJaprs に自動移行する機能を日本独自で開発したのである。

また、編集時にモザイクやレンダリングを行うと別のクリップに変更されるため、素材のマーカーや警告が連携していかない。そこで、大元のクリップを探し当て、その範囲の中に含まれているコメントなどのメタデータを追従できるようにした。

新しいメタデータ連携機能と放送局のユーザーメリット

新しいメタデータ連係機能
・Avidシステムに登録した素材の存在を報道支援に通知する。
・報道支援システムからもAvidシステムにある素材に、コメントやマーカー、警告の情報を付加できる。
・Avidシステムが使った部分に含まれているコメントや警告などの情報をリストアップする。
・完パケ完成時に報道デスクへコメントと警告情報をレポートする。
・完パケのアーカイブ時に、メタデータも一緒に保存する。
・完パケをリトリーブする時、メタデータも復元されるので参考にしながら編集できる。
ユーザーである放送局のメリット
・オンエアする完パケに重要なコメントや権利情報の有無をオンエア前に確認できる。
・後日、完パケをライブラリから呼び出した時に、重要なコメントや権利情報も一緒に復元される。
・モザイクやブラーなどのエフェクトや、レンダリングで別のクリップになったとしても、元の素材からメタデータを取るのでコメントや警告情報をリストアップされる。
・報道支援システムの管理外のルートで取り込んだ素材でも、Avidシステムに入った時点で報道支援システムに自動通知されるため、両システム間で素材管理を常に一致させている。

こうした元素材メタデータ連携は、人手を介さず、自動で行われるため、小さな規模でスタッフも少ない放送局ほど、導入するメリットがあると言えるだろう。

(月刊「ニューメディア」9月号掲載記事)

Avid NEXIS 販売中

次世代メディア共有ストレージ Avid NEXISはMedia ComposerやPro ToolsはもちろんのことAdobe Premiere、Apple Final Cut Pro、Grass Valley EDIUS等3rd partyのNLEにも対応しています。

CONTACT SALES

アビッドテクノロジー株式会社、マーケティング・マネージャー。 役立つアビッドユーザー事例やソリューションをブログで紹介していきます。