Pro Tools | Carbonとは?

By in Pro Mixing, オーディオ, 音楽制作

イントロダクション

Pro Tools | Carbon は、音楽制作を行うアーティスト、バンドそしてプロデューサーのためにデザインされた新世代のオーディオ・インターフェースです。

将来性のあるイーサーネット標準プロトコルAVBによるコンピューターとの接続、マイク/ライン/インスト入力、専用モニターアウトや独立キューミックス制作可能な4つのヘッドフォン出力までカバーする高品位I/Oの搭載、そしてネイティブCPUパワーとオンボードHDX DSPアクセラレーションの両方の特長を生かすことが可能な、この「ハイブリッド・オーディオ・プロダクション・システム」は、数多くの最先端のテクノロジーにより、大規模で複雑なミックスを行いながらも、AAX DSPプラグインを活用しながら最小のリアルタイム・モニタリング・レイテンシー(モニター時の遅延)で高品位なレコーディング作業を行う事が可能となり、しかも、その全てのオペレーションを、Pro Tools上だけで、シンプルに完結することができます。

Carbon開発の経緯

Pro Tools | Carbonを使うと、デジタルの世界でレコーディングするミュージシャンの最大の悩みであった「レイテンシー問題」が解消され、アナログ・レコーディングの時と同じ感覚で、そのパフォーマンスを行う事ができるようになります。ここでの「レイテンシー」とは、デジタル・レコーディング・プロセスでレコーディングを行う際に生じる「モニタリング遅延」、つまりアーティストがパフォーマンスを行ってから、そのサウンドがモニターしているヘッドフォンに届くまでの時間の遅れをさしています。

Pro Tools | Carbonでは、AvidのフラッグシップであるPro Tools | HDXシステムで採用されているDSPプロセッシング・アクセラレーション機能を搭載することで、常に超低レイテンシーでの録音時のモニタリングが実現可能となりました。これにより、最大限のCPUパワーをミキシング・プロセスに使用しながら、レコーディング時のオーディオ処理に特化した形でHDX DSPチップを活用し、低レイテンシーによるストレスのないレコーディング・セッションが行えるようになります。この実現の基礎となっているのが、Pro Tools | Carbonに搭載され、全Pro Toolsユーザーが利用可能となる「ハイブリッド・エンジン」機能です。

ハイブリッド・エンジン機能

ハイブリッド・エンジンを使用することで、Pro Toolsミキサーは、近年、そのパワーが増大してきているホスト・コンピューターのCPUプロセッシングを使って作業しながら、レコーディングやオーバー・ダブ等を行う際、そのレコーディング用トラックを簡単にネイティブ・モードからDSPモードに切り替えることができます。この作業を行う事で、そのトラック並びにそのトラックのパスが影響している関連トラックには、Carbonに搭載のHDX DSPチップが使用され、ネイティブ・ミキサーはバイパスされます。

それにより、レコーディングで使用する全トラック・パスが、低レイテンシー・モードとなりながらも、その他のトラックは、ネイティブ・モードでそのまま動作し、両方の世界を一つのPro Toolsセッション上で展開することが可能となります。

レコーディング終了後、必要に応じて、DSPモードとなったトラックをネイティブ・モードにスイッチすることも簡単です。Pro Toolsアプリケーションから、一切離れることなく、シンプルにボタンをクリックするだけで、全オペレーションを実行可能です。

AAXプラグイン・フォーマットは、既に「ハイブリッド・エンジン」に完全対応しています。DSPモードで動作するAAX DSPプラグイン全てが、AAX Nativeに対応していますので、必要に応じてDSPモードとなっているトラックをネイティブ・モードに戻した際も、そのままのサウンド・クオリティーで機能し、動作します。つまり、Pro Tools | Carbonで作業したセッションは、ハードウエアが接続されていない状態でも、DSPモードを使ってレコーディングしたトラックも含め、全てそのままオープンし、ソフトウエアだけのモバイル環境であっても、ミキシング作業を継続することも可能となるのです。

デザインの哲学

レコーディング・アーティストのためにデザインされたPro Tools | Carbonは、音質面でも一切妥協していません。チャンネル毎に4基搭載されたADCは、126dBのダイナミック・レンジを誇ります。入力からHDX DSP、そしてPro Toolsに至るまで、全てのゲイン・ストラクチャーは32-bit精度(内部ミックスは64-bitフローティング処理)で行われるため、シグナルを劣化させることなく、十分なヘッドルームを確保することができます。

クロック精度も、音質にとって重要な要素の一つです。Pro Tools | Carbonでは、JetPLLジッター除去テクノロジーの倍精度のクロックを採用しており、オーディオ品質を最大限に保つことができます。

Pro Tools | Carbonは、パッドレス・デザインのマイク・プリアンプを8基搭載しており、Avid史上最も高い透明度を実現しています。Variable Zも、装備していますので、ダイナミック・マイクやリボン・マイク、さらにはギターやベース等のインストゥルメントのトーンを最適化させたり、変更したりすることが可能です。

製品構成

Pro Tools | Carbon は、Carbonオーディオ・インターフェース・ハードウエアとPro Toolsソフトウエア及び各種AAXプラグインが、完全統合されたバンドル製品で、動作させるコンピューターや楽器、マイク、オーディオ再生装置以外の必要なもの全てが揃ったオール・イン・ワン・システムです。また、新規だけでなく、既存のPro ToolsおよびPro Tools | Ultimateユーザーも、その有効な年間サポート/アップグレード・プランを延長しながら利用することができます。

まとめ

Pro Tools | Carbonは、レコーディングするアーティストやプロデューサーの誰もが必要としていた音質、機能、そして操作性を備えています。Pro Tools | HDXで培ってきた技術を生かし、ネイティブのパワーとDSPのスピードの両方を兼ね備えたPro Tools | Carbonは、より多くのミュージシャンが入手可能となる、究極のハイブリッド・オーディオ・プロダクション・システムと言えるでしょう。

製品詳細は、avid.com/carbon をご覧ください。

 

【関連リンク】

Pro Tools | Carbon

アーティスト、バンド、プロデューサーに最適な高品位オーディオ・インターフェースです。

Creating the digital audio and video technology used to make the most listened to, most watched and most loved media in the world.