TACセミナー @ Avid Space Tokyo「Dolby Atmosワークフローセミナー & AES NY最新レポート」

By in イベント情報, オーディオ

 「Dolby Atmosワークフローセミナー & AES NY最新レポート」

本セミナーでは、Dolby Atmos に対応した最新のPro Tools | HDで、Dolby Atmosプロダクション・ワークフローをデモを交えてご紹介します。また、10月18-20日、NYで開催されるAESの最新アップデートをご紹介します。

さらに、主催のタックシステム様よりDolby Atmos Mastering Suite、イマーシブオーディオに対応した最新モニタリングシステムをご紹介します。

 

開催概要

開催日時2017年10月25日(水) 14:00-17:30 <受付開始13:45>

場   所Avid Space Tokyo
東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館 4F アビッドテクロジー(株)内

 

◆交通のご案内(map)
東京メトロ
– 銀座線 南北線「溜池山王」駅 12番出口 直結
– 丸の内線 千代田線「国会議事堂前」駅 地下通路より溜池山王駅を経て12番出口 直結
– 千代田線「赤坂」駅より 徒歩10分

 

 

アジェンダ

14:00-15:15  [AVID]

◎Avidオーディオ製品最新情報

▼Pro Tools | HD AES NY最新アップデイト
VRオーディオコンテンツワークフロー
その他の新機能

▼EuCon 3.7最新アップデイト

▼Pro Tools |HD – Dolby Atmosプロダクション・ワークフロー
Dolby Atmos制作環境の紹介(Dolby 中山氏)
Pro Tools | HD 12.8 & Dolby Atmos Production Suiteデモ

15:30-17:30 [タックシステム IDE事業部]

 

◎Dolby Atmos Mastering Suite説明会

Dolby Atmos Mastering Studioの概要
Dolby Atmos Home スタジオのシステム提案

▼イマーシブオーディオに対応した最新モニタリングシステムの紹介

▼その他のAES NY関連情報

 

17:30- 懇親会

 

お申込方法:

セミナー受講申込フォーム(タックシステムWebサイト)に、お客様情報を入力して送信してください。

ご希望のセッション番号は必要ありませんが、必須入力項目のため「25(開催日)」とご記入ください。

(後日、受付完了メールを送付いたします。)

Avid Space Tokyo

Dolby Atmosとは?

 

Dolby Atmosは、2012年に映画館音響システムとして登場したDolby社のイマーシブサラウンド・フォーマットです。現在では、映画以外のコンテンツにも活用され、再生環境も拡大中です。

 

Dolby Atmosの仕組みは、

  • チャンネルベース(7.1.2ch)とオブジェクトベース(118トラック)を同時再生
  • レンダリングエンジン(RMU)が出力チャンネル(=スピーカー数)に合わせて出力
  • オブジェクト・オーディオには三次元位置情報等のメタデータが付く

となっています。

 

Dolby Atmosには、映画館上映を目的としたマスターである” Cinema (シネマ)”と一般家庭での試聴を目的としたマスター “ Home(ホーム) ”の二種類が用意されています。

 

Dolby Atmosに関するさらなる詳細は、こちらをご参照ください。

アビッドテクノロジー株式会社、マーケティング・マネージャー。アビッドのイベント情報、ユーザー事例、ソリューションなどを紹介していきます。