Pro Tools | CarbonとPro Tools|MTRX Studioの比較

By in Pro Mixing, オーディオ, 音楽制作

2020年、Avidは2つの新しいオーディオ・インターフェースを発表しました。「Pro Tools | MTRX Studio」と「Pro Tools | Carbon」です。どちらも1Uユニットで、フロントパネルのデザインは共通していますが、2つの製品は大きく異なります。この記事では、これらの違いを明らかにして行きます。

MTRX StudioはHDXまたはHD Nativeを必要とするDigiLinkインターフェースで、音楽制作を含む様々な用途に適していますが、サラウンドやAtmosワークフローを必要とするオーディオ・ポスト環境でより真価を発揮します。Carbonは音楽制作やレコーディングのために作られており、インターフェースに組み込まれたHDX DSPを利用し、Pro Toolsソフトウェアとシームレスに統合することで、ネイティブ環境でのシンプルな低レイテンシーのトラッキングの問題を解決します。

概要

MTRX Studioは、非常に有能で柔軟性の高いオーディオ・インターフェースです。アナログ、デジタルを問わず、様々なフォーマットでスタジオ内の他のオーディオ機器とのインターフェース機能を必要とするオーディオ・プロフェッショナルのために設計されています。完全に設定可能なソフトウェア制御のモニタリング・セクションを備えており、Dolby Atmosまでのあらゆるモニタリング環境に対応できます。

Carbonは特に音楽制作、とりわけミュージシャンやバンドのレコーディングのために設計されています。この目的を満たすI/Oにより、追加のハードウェアを必要とせずにレコーディング・セッションを実行するために必要なすべてを提供します。

価格のポイント

この2つの製品は価格帯が大きく異なり、異なるプロオーディオ市場に対応するように設計されています。Pro Tools | HDX Thunderbolt 3 MTRX Studioバンドルは9999ドルです。Carbonは3999ドルです。MTRX Studioの価格には、ホスト・コンピュータに接続するために必要なHDXカードが含まれていますが、代わりにHD Native Thunderboltカードを使用することもできます。

価格にはPro Toolsのライセンスが含まれています。Pro Tools|CarbonにはPro Toolsソフトウェアが付属し、Pro Tools|MTRXにはPro Tools|Ultimateと、モニタリングのリモートコントロールを可能にするDADmanソフトウェアも付属しています。

コンピュータへの接続

MTRX Studioは、HDXおよびHD Nativeシステム用のDigiLinkインターフェースです。ホスト・コンピュータに直接接続するのではなく、DigiLinkプロトコルを使用してHDXカードまたはHD Native Thunderboltカードに接続します。DigiLinkはAvid独自のオーディオ・コネクターで、プロセッシング・カードとインターフェース間のオーディオを完全にコントロールすることができます。
MTRX Studioは、macOSとWindowsの両方のオペレーティング・システムと互換性があります。

Thunderbolt Ethernetアダプターを使用しているかどうかに関わらず、認定されたAVBポートを使用してMacに直接差し込むことができます。AVBはCarbonにとって重要なテクノロジーです。AVBは、専用の帯域幅、正確なタイミングでの低レイテンシー・ストリーミング、インターフェース全体とPro Toolsへの32ビット・フローティング・パスを提供するイーサネット規格です。そして、将来に向けての柔軟性を提供してくれます。

入出力

2 つのインターフェースの I/O コンプリメンツは、用途の違いを示しています。

MTRX Studioには2つのマイク・プリアンプが搭載されており、VO、ADR、フォーリーのレコーディングに最適です。また、16系統のアナログラインの入出力を備え、ADAT対応のコンバーターやマイクプリを追加するためのADAT接続端子を備えています。重要なポイントとして、MTRX Studioには64チャンネルのDante I/O用のDanteポートが搭載されています。Danteは、ここ数年の間にライブ・サウンドとスタジオ制作の両方において、標準的なデジタル・オーディオ相互接続プロトコルとなっています。様々なワークフローを可能にする多数のDante周辺機器が市場に出回っており、MTRX Studioにこのコネクタを搭載することは、現代の制作環境に統合する上で特に重要となります。

大規模なスタジオ環境で必要とされる接続性とは対照的に、Carbonは小規模なスタジオやホームプロダクション環境のニーズを満たすように設計されています。8つのマイク・プリを搭載しているので、例えば複数のパフォーマーを録音したり、ドラム・キットを収録したりすることができます。8系統のライン入出力を備えており、コンプレッサーやEQなどのスタジオ用アウトボード機器のハードウェア・インサートとしても使用することができます。また、サードパーティー製のコンバーターやマイクプリアンプとの接続を容易にするために、ADATコネクターを使用して16系統の追加入力(48kHz時)も備えており、同時入力数は最大24系統(トークバック・マイクを内蔵している場合は25系統)に増加します。Carbonには4つのヘッドフォン出力があり、追加のハードウェアを導入することなく、スタジオのミュージシャンのために4つの別々のヘッドフォン・ミックスを作成することができます。

モニタリング

MTRX Studio には、驚くほど包括的なルーティングとモニタリング・セクションがあります。DADman と呼ばれるアプリケーションを使用してソフトウェア制御されており、完全にコンフィギュレーションが可能です。512 x 512 のクロスポイント・デジタル・マトリックスにより、任意のソースを任意のデスティネーションにパッチすることができます。モニタリング・セクションでは、Dolby Atmosをはじめとするあらゆるフォーマットのスピーカー・セットを必要なだけセットアップすることができます。キュー・ミックスも完全に設定可能です。任意のソースから必要なだけのヘッドフォン・フィードを設定し、どのヘッドフォンにトークバックをアサインするかなどを決めることができます。すべてのモニター機能は、S6、S4、S1、DockからEUCON経由でコントロールできるので、ユニット自体を別のマシンルームに設置することも可能です。最後に、スピーカーEQとディレイ処理を内蔵しているので、ルーム・コレクションEQやディレイをモニタリング・パスに適用することができます。

Carbonは、レコーディング・セッションを実行するために必要なすべてを提供します。モニタリングはインターフェースに組み込まれており、フロントパネルからコントロール可能です。3セットのステレオ・スピーカー、DimとCutコントロール、4つの独立したヘッドフォン出力に対応しています。トークバック・マイクはフロントパネルに内蔵されています。 Carbonはデスクトップ・インターフェースとして設計されており、コントロールにアクセスしやすいように配置されています。

Carbonとポスト・プロダクション

ポスト・プロダクションのワークフローで Pro Tools | Carbon を使用することを妨げるものは何もありませんが、ポスト・プロダクション環境には最適ではない理由がいくつかあります。Carbonは音楽制作用に設計されているため、ステレオ・モニタリング機能を備えており、サラウンド・モニタリング機能はありません。もしCarbonのライン出力を5.1や7.1オーディオに使用する場合、モニターレベルを設定できるようにハードウェア・モニタリング・デバイスにルーティングする必要があります。また、MTRX Studio が DADman を使用して提供する柔軟なサラウンド・ルーティングやダウン・ミックスも利用できません。もう 1 つの重要な要素は、映像に対して作業する場合、映像がオーディオに正確にロックされていることを確認する必要があるということです。これを保証する唯一の方法は、フレーム・エッジ・シンクを使用することです。フレーム・エッジ・シンクは、ビデオ・リファレンス・シンク・ソースから派生したもので、フレーム・エッジ・シンクをPro Toolsに取り込むには、Avid SYNC HDが必要です。SYNC HDはHDXカードまたはHD Native Thunderboltインターフェースに直接接続するため、オーディオ・インターフェースとしてCarbonを使用している場合、フレーム・エッジにロックする方法はありません。

MTRX Studioと音楽制作

MTRX Studioは音楽制作に最適ですが、複数のミュージシャンをレコーディングする場合は、ライン・インプットに外部マイク・プリアンプを接続し、ラインアウトまたはDanteを使用してキュー・ミックス用の追加ヘッドフォン・プリアンプを接続する必要があります。さらに、Carbonで開拓したハイブリッド・エンジンのワークフローは、バーチャル・インストゥルメントのようなネイティブ処理を含む音楽プロジェクトにおいて、HDXシステムの柔軟性を高めます。

おわりに

詳細については、比較シートをご覧いただき、Avid.comのMTRX StudioCarbonをご覧ください。

Pro Tools | Carbon

アーティスト、バンド、プロデューサーに最適な高品位オーディオ・インターフェースです。

Pro Tools | MTRX Studio

I/O、モニタリング、ルーティング機能が1Uラックマウントの筐体にまとめられることで、クリエイティブな効率をスタジオにもたらします。Pro Tools MTRX Studioを使用すると、接続フローを簡素化、入出力にルーティング、Pro Tools | HDXとの組み合わせで超低レーテンシー、そしてDolby Atmosミキシングのための環境を整えます。

I’ve worked in the audio industry for over 25 years and I’m still passionate about the technology that enables talented, creative people to produce amazing music, films and TV shows.