フォルダートラック概要

By in オーディオ, 音楽制作

Pro Tools 2020で、フォルダートラックが導入されました。フォルダーは、Pro Toolsでの作業方法を一変させます。 このブログでは、フォルダートラックの基本を中心に説明します。きっとすぐ使いこなせるようになれますよ。

フォルダートラックは、単純な整理機能を実行することもできますし、セッションルーティングのインフラストラクチャの一部にすることもできます。つまり、フォルダートラックには2つのタイプがあるのです。ベーシックフォルダートラックとルーティングフォルダートラックです。ベーシックフォルダートラックは、単純に整理するためのもので、トラックを素早く折りたたんだり、邪魔にならないように整理したりすることができます。ルーティングフォルダーは、ベーシックフォルダーの整理機能と、Aux インプットのようにフォルダー内のオーディオをルーティングする機能を兼ね備えています。ルーティングフォルダーにはインサートやセンドなどのオーディオ機能がありますが、ベーシックフォルダーにはないため、ミックスウィンドウやエディットウィンドウですぐにその違いがわかります。

フォルダー作成

フォルダーを作成する方法はいくつかあります。最初にフォルダートラックを作成してそこにトラックを追加するか、トラック選択に基づいてフォルダーを作成するかを選択することができます。

空のフォルダートラックを作成するには、[新規トラック]ダイアログを使用します。ここで基本フォルダーまたはルーティングフォルダーを作成するオプションが表示されます。

フォルダーが作成されたら、その中にトラックを移動させるいくつかの方法があります。トラックをフォルダーにドラッグすると、UI の黄色いボックスがどのフォルダーにドラッグしているかを確認するのに役立ちます。これは編集ウィンドウ、ミックスウィンドウ、トラックリストでも行えます。あるいは、トラックやトラックのグループを右クリックして、”移動… “オプションで選択することもできます。これによりトラックを既存のフォルダに移動することができます。”最上階層 “オプションを使用して、トラックをフォルダーの外に戻すこともできます。

セッションでいくつかのトラックを選択し、その上で右クリックすると、「移動先」を選択でき、その他にもトラックの選択に基づいて新しいフォルダーを作成するオプションが表示され、ベーシックフォルダーかルーティングフォルダーかを選択することができます。ルーティングフォルダーを選択した場合、新しいフォルダーにトラックを自動的にルーティングするオプションがあります。これにより、フォルダーと同じ名前の新しいバスが作成され、新しいフォルダー内のすべてのトラックをバスにルーティングします。トラック選択からフォルダーを作成するさらに簡単な方法は、Command + Shift + N のショートカットです。もしPro Tools の以前のバージョンのセッションで作業をしている場合、Aux 入力 を通してルーティングを設定しているかもしれません。この場合、Aux トラックを右クリックして”Auxをルーティングフォルダーに変換”を選択します。そして、そのAux インプットにルーティングされているトラックを新しいルーティングフォルダーに入れれば完了です。Pro Tools のBus Interrogation Optionsを使用すると、この作業がさらに簡単になります。トラックの出力セレクターを右クリックして「トラック」オプションから直接選択することもできます。

フォルダーが開いていて、そのフォルダーの直下に新しいトラックを作成した場合、新しいトラックはそのフォルダーに追加されます。そうしたくない場合は、新しいトラックを作成する前にフォルダーを閉じてください。

もちろん、フォルダー内にフォルダーを作成し、複雑な階層構造のフォルダーを作成することもできます。トラックリストは、何が起こっているのかとても簡単に確認できます。その点にも注目してみてください。

フォルダートラックの開閉

トラック名の横にある三角形のアイコンをクリックすることで、トラックを開いたり閉じたり開閉できます。また、キーボードショートカットを使用することも出来ます。Shift + f キーを押すと、選択したフォルダーのトラックを開閉できます。

 

Metering

これはフォルダー内のトラックが、どのようなアクティビティを行っているかを示すものです。もちろん、ルーティングフォルダーには通常のトラックメーターがあり、フォルダー内を通過するオーディオを計測するために使用されますが、これらのメーターはフォルダー内を特別にルーティングされたオーディオのみを反映するのに対し、シグナルインジケーターはフォルダー内のトラックにオーディオがあるかどうかを表示します。

ソロとミュート

ベーシックフォルダーとルーティングフォルダーでは、ソロとミュートのロジックが異なります。

ベーシックフォルダーとルーティングフォルダー上でソロにした場合でも、メンバートラックはミュートされません。ベーシックフォルダーのメンバーをソロにしても、フォルダーに入っていない場合と同じように振る舞います。トラックを通過するオーディオがある場合、ルーティングフォルダーの動作が異なります。ルーティングフォルダーのメンバーをソロにした場合、そのフォルダーはミュートされません。 これにより、ソロセーフを気にすることなくメンバーのトラックをソロにすることができます。

ベーシックフォルダーをミュートすると、そのフォルダーのすべてのメンバーがミュートされます。ただし重要な違いとして、ルーティングフォルダーをミュートすると、そのフォルダーのオーディオ出力だけがミュートされます。つまり、ルーティングフォルダー内のトラックが他の場所にルーティングされている場合、ルーティングフォルダーがミュートされていても、それらのトラックからのオーディオは持続されているということです。

 

編集

フォルダートラックの非常にクールな機能は、閉じたフォルダー内のトラックに編集コマンドを実行できることです。例えば、閉じたフォルダートラックのタイムライン上で範囲選択し、それをコピーして別のタイムライン上に貼り付けることができます。これについては、音楽ポストのワークフローについての他の記事で説明します。

結論

この記事が、Pro Toolsにどのようにフォルダートラックが実装されているかについての有益な紹介となったことを願っています。実際に使ってみて、あなたのセッションがどれだけきれいに見えるか確認してみてください。

Pro Toolsで成功する

業界トップのツールを使って、サウンドをパワーアップ。映画/テレビ用の音楽やサウンドの制作から、世界中のアーティスト、プロデューサー、ミキサーとのコラボレーションまで自由自在。

I’ve worked in the audio industry for over 25 years and I’m still passionate about the technology that enables talented, creative people to produce amazing music, films and TV shows.