InfoComm 2018にAvid ライブサウンドおよびスタジオシステムを出展

By in イベント情報, ライブサウンド

Avidは、2018 6月6〜8日にラスベガスで開催されるInfoComm 2018に出展します。オーディオパビリオンのブース#C6646で、VENUE | S6L, Pro Tools | S6、Pro Tools | S3 システム、Pro Tools | MTRXに加え NEXIS | PRO 共有ストレージソリューションをご覧いただきます。

注目は、4月にNABとNAB and Prolight + Soundで発表し、拡張されたVENUE | S6L統合プラットフォームです。

  • S6L-48D 48 フェーダー・コントロールサーフェス
  • S6L-24C コンパクト24フェーダー・コントロールサーフェス
  • S6L-16C コンパクト16フェーダー・コントロールサーフェス
  • E6L-112 プロセッシング・エンジン
  • Stage 32 モジュラー I/Oラック
  • Local 16 I/O ラック

VENUE | S6L統合プラットフォーム ― ライブサウンドの次なる進化

Avid VENUE | S6Lは、300を超える処理チャンネルで、かつてない処理能力を提供するモジュール式でスケーラブルなライブサウンドシステムです。 S6Lは高度なエンジン設計を通じ、揺るぎないパフォーマンスと信頼性を提供し、最新のタッチスクリーン・ワークフローと拡張性であらゆる課題に対応します。

Avidライブサウンドチームのハンズオン・デモで、新しいS6Lコントロールサーフェス、エンジン、I / Oラックを体験してください。 さらに、オーディオ・コンソールでWaves SoundGridワークフローを完全に統合する、S6L用の新しいVENUE 5.7ソフトウェアもデモンストレーションします。

 

  • S6LのノブとVENUEソフトウェアによる、卓越したWavesプラグインの統合とコントロール
  • 2台のSoundGridサーバを使用した場合の自動フェイルオーバーによる冗長性のサポートなど、E6Lエンジン対応の新しいAvid Waves SoundGrid WSG-HDオプションカードのサポートにより接続性と信頼性が強化
  • より高い処理能力で、Waves SoundGrid Server OneまたはExtreme Serverへ接続して、最大1024のWaves SoundGrid プラグインで、Wavesプラグインの最大128ボイスを使用可能
  • 設定とショーファイルのインポートを簡素化し、セットアップに外部のノートパソコンを必要とせず、Wavesプラグイン設定およびルーティングを含むレガシーVENUEシステムからのショーファイルを、全TDM版WavesプラグインをSoundGrid版へ、自動遅延補正をしながら変換

 

VENUE | S6L が、なぜ世界中のツアーや設備、主要PAカンパニー で採用されているのか、デモンストレーションでお確かめください。

新しいS6L-48D、16C、24Cコントロールサーフェス

Pro Tools | S6 と MTRX ― ミキシングを再定義

発表以来、Pro Tools | S6は、あらゆるミキシング・システムの最も直感的でイマーシブなミキシング・ワークフローとPro Toolsとの、比類のない統合をエンジニアに提供してきました。 世界中の数え切れないほど多くのエンジニア、スタジオ、ポストプロダクションが、Pro Tools | S6を日々信頼し、クライアントにとって最高のサウンドミックスを完成させます。 InfoCommではS6用の最新EUCON 2018.3ソフトウェアもデモンストレーションします。

また、今年のProlight + SoundでのPro Tools | MTRXインターフェースは、可能な限り元のサウンドクォリティを実現するインターフェースと、充実したモニタリングとルーティング機能を備えています。

要求の厳しいオーディオ・ポストプロダクションには、Avid NEXIS | PRO – コラボレーションを加速し、よりスピーディにプロジェクトを完了させる高性能でスケーラブルな共有ストレージソリューションがあります。

Pro Tools | S6、Pro Tools | S3、Pro Tools | MTRX、NEXIS | PROがトータルで、最高のオーディオ・レコーディング、編集、コラボレーション、ミキシングを提供します。

新しいS6システムで巨大なスタジオミックスを生み出すTom Paul

世界で最もパワフルなライブシステムおよびオーディオミキシングシステムをお見逃しなく。InfoCommにご来場の際には、オーディオパビリオンのAvid Booth #C6646にぜひお立ち寄りください。最新のソリューションをご用意して、Avidチームがみなさんの質問にお答えします。

まだInfoCommの入場パスをお持ちでなければ、こちらのオンライン登録から、Avidのゲストとして、Avid VIP コードAVI899をご利用の上ご登録ください。

 

会場でお目にかかりましょう!

Avid VENUE | S6L 統合プラットフォーム

ライブ・サウンドのネクスト・ステージがここに―賞に輝くVENUE | S6Lなら、世界で最も要求の厳しいライブサウンド・プロダクションも簡単に扱うことができます

Avidライブサウンド・システム及びノーテーション・シニア・マーケティング・マネージャー。 以前はEuphonixとE-MUシステムで働いていた経歴を持つ。