Inter BEE 2017にてAvid Artist | DNxIPを発表

By in ビデオ

広範なフォーマットを提供するAvid Artist I/Oインターフェースは、Avid Media Composerユーザーの制作を将来にわたり保証します。今、多くのコンテンツ制作者や放送局にとって、Video Over IPの導入は、やるかどうかではなく、いつやるかの問題になっています。この非常にホットな課題に対し、AvidではAJAと協力して最新ハードウェア・インターフェースAvid Artist | DNxIPを制作しました。Avid Artist | DNxIPは、今週、東京で開幕するInterBEE 2017で発表されます。

比較的小規模な施設でも、EthernetおよびIPベースのルーティングの使用により実現する拡張性は、SDIケーブルの追加による拡張性を遥かに上回ります。既に放送局では、IPワークフローへ移行して、効率性や柔軟性を拡大しています。10ギガ・イーサーネットのIPネットワーク上でSMPTE規格HDの転送を可能にするAvid Artist | DNxIPは、高フレームレート、Deep Color、高ダイナミックレンジに対応し、3G-SDI またはHDMI 2.0によるローカルの高品質なモニタリングを提供します。

Avid Artist | DNxIP (click to enlarge)

今年は、NABおよびIBCでのAvid Artist | DNxIQAvid Artist | DNxIVなど新製品を発表してきましたが、最後を締めくくる新しいインターフェースの登場です。DNxIQ とDNxIVインターフェースの違いについては、過去のブログIntroducing the Avid Artist | DNxIVで紹介しています。

Avidの仕様に合わせてカスタム設計され、Avid Artist | DNxIVと同じ小型でポータブルな形状のAvid Artist | DNxIPは、デバイス前部にマイクやライン入力用のXLRオーディオ入力端子を搭載します。デイジーチェーン対応のThunderbolt 3ポート×2、SFP+ケージ×2による2系統の10ギガ・イーサーネット接続によりIPネットワーク上でのビデオおよびオーディオ・ルーティングに対応します。軽量なアルミ筐体の機器は、IPによるSMPTE 2022-6非圧縮形式のビデオ、オーディオ、VANCデータに加えて、冗長化での保護に対応するSMPTE 2022-7もサポートします。

Avid Artistインターフェースは、いかなる制作環境、いかなる解像度での作業ニーズにも対応します。従来の幅広いフォーマットに対応するAvid Artist | DNxIQは、Avid DNxHRへのビルトインのエンコード機能、ハードウェア・アクセラレーション付ユニバーサル・マスタリング機能を提供します。軽量でポータブルなAvid Artist | DNxIVは、アナログ時代への架け橋というよりもデジタル時代の製品です。SDI×4ポートと8チャンネル・サラウンド・モニタリングを備え、5.1chまたは7.1chオーディオをダイレクトに出力します。そして今、Avid Artist | DNxIPにより、コンテンツ制作者や放送局は、IPワークフローによる俊敏性や運用効率の向上がもたらすメリットを享受することができます。

Avid Artist | DNxIPは、2018年前半にAvid正規代理店より販売いたします。

Avid Artist | DNxIP is coming soon

Small in size, but vast in versatility, Avid Artist | DNxIP boosts media production capabilities both inside the facility and offsite.

オーディオ、ビデオ、アセットマネジメント/ストレージのAvidプロダクトマネジメント部門シニアディレクター兼Avidカスタマー・アソシエーション・プロダクト&ソリューション・アドバイザリー・カウンシル担当。