Media Composer 2018.2 リリース 新機能&ReadMe

By in ビデオ

Media Composer 2018.2がリリースされました。今回のアップデートで追加された新機能についてご紹介します。新機能の詳細はPDFでもご覧いただけます。ここでは、その一部をご紹介します。

グリッド設定

Grid設定クイックアクセス

エフェクトエディターからGrid設定へ簡単にアクセスできます。エフェクトエディターのGridボタンを右クリックしてください。

カラーコレクションの改良

この機能には現在、「ウインドウサイズを変更すると線の描画が残る」という既知の問題があります。
ベクトルスコープと”現在”および”シークエンス全体”のモニターが、パラメーターの変更や再生、スクラブ等にともなってリアルタイムに結果を反映できるようになりました。

これは、以下の条件の時にのみ有効です:

  • どのモニターもデュアルスプリット表示していない
  • クローズドキャプション表示がOff
  • すべてのモニターがベクトルスコープ、“現在”、“シークエンス全体”、“なし”のいずれかを表示している

以下の条件のときには動作しません:

  • いずれかのモニターでデュアルスプリット表示している
  • クローズドキャプション表示がOn
  • いずれかのモニターで“次”、“2つ後”、“前”、“2つ前”、“リファレンス”のいずれかを表示している

スプラッシュスクリーン上にAVX2プラグイン名を表示

Media Composer起動時のスプラッシュスクリーンに、現在初期化中のAVX2プラグインの名前を表示するようになりました。プラグインに起因する原因で起動時に問題が発生した場合の、プラグインの特定に便利です。

検索ウインドウのフォントとフォントサイズの設定

検索ウインドウのフォントとフォントサイズを設定できるようになりました。
フォントとフォントサイズを設定するには:

  1. Ctrl+F(Windows)またはCmd+F(Macintosh)、または[編集]メニュー>[検索…]を選択して検索ウインドウを表示します。
  2. [ウインドウ]メニュー>[表示フォント設定]を選択します。
  3. 表示したいフォントとフォントサイズを設定します。
  4. [OK]をクリックします。
    検索ウインドウが設定したフォントとフォントサイズで表示されます。

Artist Colorコントロールサーフェスの改良

Artist Colorコントロールサーフェスの反応性を改良しました。

v2018.2の修正項目(一部掲載)

➤      Bug Number: MCCET2251. (Windows 10) Dynamic Media Folderでバックグラウンドサービスが機能しない。

➤      Bug Number: MCCET-2219. 起動時のスプラッシュスクリーンで「Media Indexerに接続中」が表示されたまま30秒ほどハングする。

➤      Bug Number: MCCET-2101. (Mac) 1000個以上程度のクリップを持つ大きなシークエンスで作業をしていると、マウスがビーチボール状態になる。

➤      Bug Number: MCDEV-8627. 英語以外のシステムロケールで、設定ウインドウのタイトルバーの文字が化ける。

➤      Bug Number: MCCET-2227. (Macintosh) 16トラック以上のクリップに対して「ファイルを表示」を実行すると、すべてのファイルを表示しない。

Media Composer v2018.2の新機能、ReadMeのダウンロード

以下リンクより日本語版のドキュメントをダウンロードいただけます。

アビッドテクノロジー株式会社、マーケティング・マネージャー。アビッドのイベント情報、ユーザー事例、ソリューションなどを紹介していきます。