Media Composer 2018.7リリース – 新機能&ReadMe

By in ビデオ

最新バージョンのMedia Composer 2018.7がリリースされました。新しい16Kプロジェクトプリセット、120 fpsのサポート、NewTek®NDI Vido over IP サポート、そして、Live Timelineなど、クリエイティブなワークフローをさらに加速する様々な新機能が追加されました。 新機能の詳細はPDFでもご覧いただけます。ここでは、その一部をご紹介します。

Live Timeline

再生を止めることなく、 様々な作業を実行できます。再生中にツールチップを表示、アプリケーションの切り替え、 タイムラインのズームイン・アウト、ビンの追加・削除、フォルダーの展開・折りたたみ、 コラムの追加・調整等を行っても、再生は止まりません。再生中にタイムラインにマーカ ーを追加し、コメントを入力することも可能です。このLive Timelineツールは、今後、さらに機能を強化していきます。

16K プロジェクトプリセット

16K プロジェクトプリセットが追加されました。標準プロジェクトタイプで16Kメディアを再生できます。

高フレームレート(100, 119.88, 120)サポート

100、119.8、120 の各フレームレートをサポートしました。非常にリアルな3D、360 VRコンテンツ、また、ドラマティックなスローモーションシーケンスの制作も容易になります。

NewTek®NDI Vido over IP サポート

アプリケーションから直接 NDI ストリームの送信をサポートしました。クライアントモニ ター同様、アプリケーション内での再生やスクラブの状態が、ネットワーク上の NDI プレ イヤーでモニタリングできます。デフォルトでは、NDI はローカルサブネットにのみ転送 されます。NDI に関するネットワーク・コンフィギュレーションや活用法については、https://www.newtek.com をご参照ください。

コンポーザーウインドウのサイズ変更

コンポーザーモニターのサイズを自由に変更できるようになりました。アプリケーション はデフォルトで、自由にサイズ変更できるように設定されています。モニターサイズをイ メージに合わせたいときは、Resize Monitor to Image オプションを選択してください。

BXF ファイルでの作業

Broadcast Exchange File(BXF)で作業できるようになりました。BXF 送信(Send To)テン プレートを作成したり、Media Composer でシークエンスが自動作成できる BXF ファイルを 取り込んだりできます。また、このシークエンスを編集し、関連するエッセンスファイル とともにエクスポートすることもできます。

Avid Artist DNxIQ でフルフレーム・ステレオスコピックをサポート

Avid Artist DNxIQ でフルフレームのステレオスコピックをサポートしました。この機能を使用するには、Desktop Video v10.10.1 以降が必要です。

エクスポートされたシークエンスへのインサートエディット

以前のバージョンで、すでにエクスポートされた A VC-I および XA VC-I ファイルに対する 部分差し替えの機能をサポートしました。今回のバージョンでは、1080i/59.94 プロジ ェクトにおける DNxHD のサポートを追加しました。

DNxHR または DNxHD でエクスポート中のクリップまたはシークエンスのプレビュー

Avid Media Processor を使って DNxHR または DNxHD 解像度に AMA ファイルエクスポート しているシークエンスまたはクリップをプレビューできます。 あるシステムで現在エクスポート中のファイルを、別のマシンでリンクすることができま す。Avid NEXIS ワークスペースにエクスポートされているファイルを別のマシンでリンク し、エクスポートの終わった場所までであれば、すぐに再生することができます。処理中 の分は逐次アップデートされていくので、スクラブしていればアップデートされた部分を 確認できます。エクスポート中は、クリップアイコンが収録中を示すアイコンになります。 エクスポートが終了すると、通常のアイコンに変わります。

 

Media Offline の状態で AMA ファイルエクスポート

Media Offline の状態のメディアを AMA ファイルエクスポートできます。シークエンスは まだ作業途中ではあるが、ここまでの状態をファイル化したい時などに便利です。Offlineメディアが含まれているシークエンスを選択すると、シークエンスに Offline メディアが含 まれていることを示すメッセージが表示されます。ここで Abort(中止)か Continue(続行) かを選択することができます。ここで Continue を選択すると、Media Offline のクリップは その状態のまま、ファイルをエクスポートすることができます。

Media Composer v2018.7の新機能、ReadMeのダウンロード

以下リンクより日本語版のドキュメントをダウンロードいただけます。

*上記PDFファイルをアップデートしました。2018月7月23日

Media Composerについて

一流の映画、テレビ、放送局のエディターが使用するツールでストーリー制作を加速します。HDやハイレゾの編集もこれまでになくスピーディかつ簡単に行えます。

Avidのソーシャルメデイアマネージャとして、ポストプロダクションでのクリエイティブ編集などのストーリーをご紹介できることを嬉しく思います。@editorbelgaも是非フォローしてください。