Media Composerユーザー:マルチカメラ編集の達人ガイ・ハーディング氏 パート1

By in ビデオ

U2からビクトリア・シークレットまで

マルチカメラ編集の達人ガイ・ハーディング氏が語るMedia Composerでの編集 (パート1)

2016年1月。私は、12月にパリで撮影され、HBOでライブで放送された壮大なU2のコンサートのDVD版を編集している最中だった。

妻と子供はマンモス・マウンテンでのスキー休暇が始まるのを待っていた。雪で子供が遊ぶ姿を3日間見た後、私はやっと「リラックス」という言葉の意味をかみしめた。

そんな中U2が納期を縮めたので、新しい納期に対応するため私は毎晩何時間かラップトップで編集をする羽目となった。ショーは3晩ともUHDで22のカメラで撮影されたので全部で66カメラをグループにし、全部DNxHD45で取り込んだ。

U2 Souce グループカメラ (オーディオ付)

Media Composerを使い、完璧に文字通りどこででも作業ができ、9画面でマルチカムの再生をできることは私にとって大きな変化の要素だった。メディアは外付けのドライブからFireWire 800で繋がっている。

U2 - Souce グループカメラ (オーディオグループ付)

私のポストプロダクションの経験は18歳の時にイギリスのバーンモス・フィルムスクールで編集を勉強している時に始まった。私は若く、ナイーブだったがやる気はあった。が、テレビやフィルムについては何も知らなかった。

Pic SyncsやSteenbecks等のフィルムでの古い方法の編集を習った。つまり、フィルムでの仕事経験がある人はわかるであろうが、Undoボタンがないので、経験がものをいう世界である。

当時、カレッジには 3/4 インチU-Matic マシンや Betacam リニア編集室があり、それらは技術心のある私には向いていた。実際、オフラインからオンラインへの作業は大変であり、タイムコードを手書きで書き、それをAxial edit controllerにオンラインをする作業の一部としてに打ち込む、つまり楽しくはない作業だった。

しかし、幸運にもコピー機で私の世界は変わった。Avidやノンリニア編集は聞いたことはあったので、ローカルのAvidレンタル会社にコンタクトをし、Avidのユーザーマニュアルを借り(その時はPDFがなかった。)全てをコピーして、何回も読み返した。

当時、自分がアクセスできないソフトウェアについて読んでいたので難しく、よくわからなかったが、どうにかWest One Televisionでユニバーサルやディズニーのマスターテープをマシンルームでダビングする仕事を得たので、Media Composerを触る機会があり、それから決して過去を振り返ることはなかった。しかしながら、カレッジを終了することもなかった。

Media Composerで編集をするガイ・ハーディング氏

その時から20年経ち、まわりからMedia Composerよりもいいと他の編集アプリケーションを何回も勧められたりもしたが、頑固で(面倒くさがり屋でもあった)もあったので拒否してきた。

Media Composerで私は常に満足であり、同じソフトを使う毎日のキャリアの中で、慣れとスピードを増していった。

私の意見では、Media Composerは、私がする大きな仕事において十分に安定し、テストに耐えたアプリケーションである。

何百というマルチカメラのビヨンセ、マドンナ、バーバラ・ストライサンド、また亡きディビッド・ボーイといったアーティストのパフォーマンスやライブを編集した経験は非常に幸運であった。

また今やっている編集は私の3回目のU2のコンサートであり、ハーミッシュ・ハミルトン監督と長きに渡り仕事をしてきたおかげで、言われなくてもどこを編集すべきがだいたいわかるようになった。

ハーミッシュ監督はライブショーのために多くのプリプロダクション、プラニングや脚本を作る。つまり、各晩、同じような感じで撮影される。それは生放送のショーにとって通常の事だ。

各ショーが撮影され、リハーサルのように扱われるのでもし私が3晩目の6カメが端が切れていると知っていたら1晩か2晩目の同じカメラに使えそうなショットを探しにいく。

 

U2 - グループカメラのシークエンス

U2のライブショーは才能あるウィリー・ウィリアムズ氏が作り彼なりのストーリーを持っている。最初のセクションはパンク、真ん中のセクションはバンドがダブリンで成長していく様子、そこからヒットセクションで終わるのだ。これらのショーの3つのセクションは編集する時の私の素材選びの基礎となり、モチベーションとなり、ペース、スタイルとなる。

音楽の編集は簡単だと思う人がいるが、私は脚本のあるドラマのようにナレーション、キャラクターや物語が展開するものだと考えている。例えば、ボーノが「Iris」を歌う時、つまり彼の母親について歌う時、明確にカットを減らしボーノの歌っているショットを使い、彼の上のスクリーンには関係のあるツアーのビジュアルを使い、彼の後ろでバンドが全員で演奏している絵は少なくする。

しかし、もしリードシンガーが歌詞主導型だったら、全てのボーカル、ドラムフィル、ギターソロの時のカットは予想可能となる場合があるが、私はそこがライブパフォーマンスの編集経験がものをいうところだと思う。これらのルールは、それぞれのバンド、音楽のジャンル、また、放送かインターネットかDVDかにより変わっていく。

ボーノが母親について歌う

自分自身にいつも問う質問は、66のカメラをどう見るか?

悲しい事に全ての66のカメラのショットをじっくり見る優雅な時間はない。なので、選んだ晩の9つのカメラで いつもMedia Composerの MultiCamera モードを使う。

この晩はハミッシュ監督とU2(いつもオーディオを気にする)がショットを選んだ。歌ごとに作業し、同時に9つのカメラを見、次の9つのグループに切り替えながら。好きなショットがなかったら、もっと深く探し、他の晩のカメラを見て時間を使う。

あなたが私に質問する前に言っておくが、そう、私のアシスタントは私のことが嫌いだと思う :-)。

私はいつも全てのカメラを大きな1つのグループにしろと主張する。そしてそうでなかったら作業が滞る。

彼らにとって幸運にも、このような大きなツアーでは、ショーはタイムコードできざまれる。 そうするとクリックトラックがつくられ、ドラマーのラリーのインカムに送られるのでショーの照明やスクリーンとシンクロできる。なので、毎晩、バンドのタイミングは同じなわけだ。

脚本にないギターソロや継続性や照明の調整をして、異なる晩のシーンをスムーズに編集する。

U2 - Full timeline

ビクトリア・シークレット水着スペシャル

ロンドンから飛んできたハミッシュ監督と試写、プロデューサーのジム・パーソンズ(彼もロンドンから)のノートに続き、U2が編集をチェックしてノートをくれるのを待つまで、ギアをシフトし、次のギグの編集に移らなくてはならない。

ビクトリア・シークレットの水着スペシャルは私が過去12年間リードエディターとしてやってきたビクトリア・シークレットのファッションショーのスピンオフである。ショーのリアリティな部分がほかで編集されている間、このショーのライブパフォーマンスを編集する。

ビクトリア・シークレットのモデルやローカルのオーディエンスが集まりショーを楽しんでいる一方で、St. Bartsのデミ・ロバトやニック・ジョナスといったアーティストの6パフォーマンスがある。それぞれのパフォーマンスはARRI Alexa でUHDで撮影され、6カメのフライパックがついている。3,4テイクで、私のアシスタントは全てのテイクを再度シンクさせ、大きなグループを作る。各トラックに複数のカメラがあった方がU2ショーより早く編集できる。

しかし、私テイクからテイクへの継続性に集中しなくてはならない。アーティストとビクトリア・シークレットのモデルたちは同じ事を2度としない。ありがたいことにそんな時はUHDのフレームサイズが便利だ。というのは納品はHDだから。

Media ComposerのFrameFlex機能を使い、イメージをリフレームし選択肢を広げる。最終的な映像のクオリティを落とすことなく映像をフレームできる。

トラックはさらに短くなり、 つまり、各テイクの各カメラを見る時間が作れるということだ。

ビクトリア・シークレットの水着スペシャルを編集するのにだいたい3週間あった。朝と夕方はU2のノートで作業し、昼間はビクトリア・シークレットの水着スペシャルで作業をした。

私が編集した45カメを使った、最終的なポスト作業に入っているケビン・ハートのスタンドアップ映画のノートの作業もしなくてはいけないので、何週間は忙しくなるだろうなぁ。

どんなにスケジュールが忙しくても、ガイはマルチカメラのプロジェクトを引き受けていく。次はスーパーボールのハーフタイムショーだ。

パート2をお楽しみに!

.

Media Composer ソフトウェア30日間無償トライアル

Media Composer は世界中のエディターに使われている編集ソフトウェアです。30日間の無償トライアルをダウンロードして、是非お試し下さい。

DOWNLOAD TRIAL

ガイ・ハーディングは地上最大のマルチカメラのライブショーを編集しました。マドンナやU2、ビクトリア・シークレットの2Dコンサートやライブイベントから、ワン・ダイレクションの3D映画まで多岐に渡ります。ガイは最近ケビン・ハートの史上最大のスタンドアップ・ショーであるスタンドアップ・コメディ映画「What's Now」を編集しました。彼は自分が好きな事をして世界を飛び回る事に感謝しています。ロンドン生まれでLA在住。彼の家族は彼は働きすぎだと言っていました。