Media Composer v8.8.2 リリース: QuickTimeライブリンク手順の変更(日本語ReadMe)

By in ビデオ

Media Composer最新バージョンv8.8.2がリリースされました。このバージョンでは、QuickTimeライブリンクの手順が変更となったほか、多数のバグフィックスが施されています。

 

v8.8.2の変更点

QuickTime ライブリンクの手順の変更

QuickTime ライブリンクオプションでは、After EffectsやFinal Cut Proといった3rdパーティーアプリケーションでQuickTimeファイルをアップデートすることができます。今回のバージョンで、QuickTimeをライブリンクするときの手順とLink設定、3rdパーティーアプリケーションでQuickTimeファイルをアップデートするときの手順について変更が加えられました。

 

QuickTime ライブリンクを使用したQuickTimeワークフロー

  1. Adobe AfterEffectsやApple Final Cut Proといった3rdパーティーアプリケーションで、Media ComposerがサポートしているコーデックでQuickTimeムービーファイルを作成します。
  2. 作成した.movファイルをMedia Composerシステムに移動します。
  3. Media Composerでプロジェクトウィンドウから[設定]タブをクリックします。
  4. [Link]設定を開きます。
  5.  [リンクオプション]タブをクリックし、[QuickTimeライブリンク]をOnにします。
  6. [OK]をクリックします。
  7. [ファイル] > [入力] > [ソースブラウザ]を選択します。
    ソースブラウザ ウインドウが開きます。
  8. ソースブラウザ ウインドウの左下にある[リンク]チェックボックスをOnにします。
  9. リンクしたい.movファイルが保存されている場所へ移動します。複数のファイルをリンクしたいときは、Ctrl+クリック または Shift+クリックします。複数のQuickTimeファイルが保存されているフォルダーを選択することで、フォルダー内のすべてのファイルとリンクさせることもできます。
  10. リンク先となる便を選択して、ウインドウ右下にある[リンク]ボタンをクリックします。
    リンクしたクリップが選択したビンに表示されます。クリップにはリンククリップであることを示すアイコンが表示されます。
  11. リンクしたクリップを使ってシークエンスを編集します。
  12. 使用しているQuickTimeファイルに変更が必要になったときはa. Media Composerでレコードモニター上のクリップ名(シークエンス名)が表示されているウインドウをクリックし、[モニタ消去]を選択します。
    b. 変更が必要なファイルを3rdパーティーアプリケーションで開き、必要な変更を施します。この時、クリップのトラック上の位置や長さ、ファイル名を変更しないでください。

    ここでクリップの長さやファイル名を変更した場合、Media Composerは新しいファイルを作成し、現在ビンに置かれているファイルは上書きしません。

     

  13. 3rdパーティーアプリケーションで、変更したファイルを、最初と同じ場所に上書き保存します。上書きが終了したら、Media Composerに戻り、先程のシークエンスを開きます。
    この時点で、変更されたクリップがMedia Composer上に反映しています。
  14. 必要なすべてのクリップについて上記の作業を繰り返します。

最新バージョンのv8.8.2には、上記新機能のほか、下記のようなバグフィックスも施されています。

  • エフェクトや解像度/フレームレート/カラースペースのリアルタイムアダプターが適用されたクリップをトランスコードやビデオミックスダウンすると、再生時やエクスポート時にノイズが発生する。今回のバージョンでこのようなノイズの発生を修正しましたが、それでもまだノイズが発生する場合は、[Render]設定から[GPU エフェクトを無効にする]を選択してください。
  • (DNxIO) (Mac) タイムラインをスクラブすると、アプリケーションがクラッシュする問題を解決。
  • カラーコレクションをレンダリングすると、ノイズの入った画が1 フレーム挟まる症状を修正。
  • オーディオトラック名がオーディオミキサーツールに表示されるよう修正。
  • 以前のバージョンのMedia Composer で作成したシークエンスのオーディオトラック名を変更すると、タイムラインをスクラブがスムースに行えなくなる症状を解決。

など

 

 


【参考情報】

Media Composer ソフトウェア30日間無償トライアル

Media Composer は世界中のエディターに信頼され、使用されている編集ソフトウェアです。30日間の無償トライアルをダウンロードして、是非お試し下さい。

トライアル版をダウンロード

As a Field Marketing Specialist for Japan, APAC, it is a great pleasure for me to share exciting stories about Avid in Japan.