Avid Media Composer 2019.12

By in ビデオ

2019年が終わりに近づきました。Avidでは、今年Media Composerが経験した驚くべき変革について振り返っています。 メディアエンジンを置き換え、ネイティブOP1aメディアと32ビット浮動小数点カラーに対応、ACESワークフローのサポートを追加、DNxUncompressedフォーマットを導入、レンダリングとトランスコードを加速するための新しい分散処理の製品をリリース、エクスポートフォーマットにIMFパッケージの作成も新たに追加されました。

しかし、1年はまだ終わっていません。 Media Composer 2019.12は、古いものを閉じて、新しいものを迎えるように、さらに多くのフィニッシングおよびカラーマネジメント機能、より広範なフォーマットのサポート、Universal Media Engineの更新、およびワークフロー効率の改善を実現しました。 以下は、最新のMedia Composerリリースの機能の概要です。

ACEScctと2065

高品質メディアに対する需要が高まるにつれて、高度なカラーマネジメントの必要性が高まっています。 これに対応するため、ACEScct作業用カラースペースを導入、ACESワークフローのサポートを拡大しました。 このアップデートにより、これまでのバージョンよりも優れたカラー精度を提供し、インプットトランスフォームをACES 2065に標準化します。また、標準化されたワークフローを順守しながら最高の画質を提供できるように、アウトプットカラースペース(ACES 2065およびP3D65 DCI 48 nits)を追加しました 。

OpenEXR エンコード

もちろん、適切なフォーマットがなければこれらの素晴らしいカラーを提供することはできないので、Media Composer 2019.12にはOpenEXRエンコードも導入されています。 シークエンスとクリップは、16ビットまたは32ビットの浮動小数点カラーで、単一フレームまたは画像シークエンスとして.EXRにエクスポートできます。UncompressedやDWAAを含む複数の圧縮スキームから選択できるため、EXRのエクスポート機能は、さまざまな制作ニーズを満たすのに十分な柔軟性を提供します。 OTTで配信する場合でもVFXで作業する場合でも、クリエイティブな意図に忠実であることに自信をもって配信できます。

Open IOでのHDR

素晴らしいカラーを配信するには、まずそれを目で確認できなければなりません。 Avid Artist I / Oドライバーとファームウェアの最新の更新(2019.12と2019.11リリースの両方に対応)により、Media Composerはモニターを、自動的に適切なカラースペースに設定します。 目的のトランスファー特性を選択するだけで、DNxID、DNxIQ、またはDNxIVがモニターを一致するように設定します。

インスペクターツールで複数選択

これまで、フィニッシングと配信に関するMedia Composer 2019.12の変更点について見てきましたが、ワークフローの他の側面にも多くの改善が加えられています。 たとえば、インスペクターツールでは複数選択ができるようになりました。 ビン内の複数のアイテムを選択して、インスペクターツールですべてを一度に変更できるようになりました。 2019.12アップデートでは、これまで面倒で時間がかかっていたクリップの色、リール、カスタムコメント、VFXなど編集可能なフィールドの修正が簡単になります。

Titler+ アップデート

一年を通して、新しいタイトルツール Titler + はアップデート(不具合の修正と機能アップデートの両方)をリリースし続けていますが、Media Composer 2019.12も例外ではありません。 20を超える修正に加えて、次の機能の変更を行っています。

  • フォントをスクロールすると、選択したテキストのフォントがリアルタイムに更新される
  • 無効になっているパラメーター(フェイス、シャドウ、エッジ、フレームなど)は、ミニツールバー上に表示されない
  • ミニツールバーの新しいボタンで、デフォルト設定を保存およびロードし、タイトルの一貫性を維持
  • セーフタイトルのショートカットもミニツールバーに追加
  • レイヤーが選択されていなければ、関連するバウンディングボックスは表示されなくなります
  • さらに、複数のオブジェクトをグループ化すると、個々のボックスではなく、単一のバウンディングボックスとして表示されます。
  • 新しいカーソルアイコンで、テキストの入力がより分かりやすくなりました
  • レイヤーが選択されていないときにスペースバーを押すと、再生が開始されます
  • 最後に、ビデオソースをフィラーとして使用できるようになりました

私たちの仕事に終わりはありません。毎日Media Composerで作業されているエディター、アシスタントエディター、カラリスト、DITやその他多くのプロフェッショナルなど、ユーザーの皆さまのニーズは常に変化しています。そんな新しいニーズを予測しながら、それらのニーズを満たし、それを超えるツールを提供することが私たちの仕事です。 昨年1年間に渡って、Media Composerを堅牢なオフラインエディターからハイエンドのフィニッシングおよび配信ツールへと移行し、私たちの未来の展望に変更を加えてきました(皆さまにとっても効果的な変化であったよう願っています!)。2019年に成し遂げたことは私たちの誇りであり、今後も継続的に発展させていきたいと思います。

変わらず革新的な2020年に乾杯!

Media Composer 2019.12の新機能の一覧については、Media Composer Knowledge Base のドキュメントをご覧ください。

最新のAvidのパワフルなMedia Composer ビデオ編集ソフトウェアのご購入は、販売店 へお問合せください。

Media Composerについて

一流の映画、テレビ、放送局のエディターが使用するツールでストーリー制作を加速します。HDやハイレゾの編集もこれまでになくスピーディかつ簡単に行えます。

Kate Ketcham has been with Avid for 15 years. She spent the first 8 in Customer Care, starting as an intern and working her way up to Technical Account Manager, and the last 7 as the Product Manager for Media Composer. Kate was also presented with one of Studio Daily’s very first Exceptional Women in Production and Post Awards in 2018.