NAB 2017にて、Avid Artist | DNxIQを初公開

By in ビデオ

新技術、新メディアフォーマット、新ツールが出ない日はないと感じるほど、市場には常に新しいものがあふれています。ビデオ・プロフェッショナルにとって、今日の複雑で急激に変化するワークフローに対応するために常に最新の機材やツールを用意するのは、コスト面だけでなく、難しいことでしょう。

AvidはNAB 2017にて、Avid Artist | DNxIOの後継機となる Avid Artist | DNxIQを発表しました。

Avid Artist | DNxIQは、視聴者が喜ぶ素晴らしいコンテンツを届けるために欠かせない充実したメディア・サポート、フォーマットの柔軟性とスピードを提供するパワフルなビデオ・インターフェイスです。Avid Artist | DNxIQを使えば、放送やポスプロのプロフェッショナルは、SD、HD、2K、UHD、4Kコンテンツを簡単にキャプチャ、モニター、出力することができます。

Thunderbolt 3とPCIe 3のサポートにより、スピード、ピクセル数、再生オプションが増えました。絶えず変化する視聴者のコンテンツに対する要求に効率的かつ容易に対応し、幅広いチャンネルやデバイスへ届けるために必要な柔軟性も提供します。そして、Avid Media Composerソフトウェア以外のサードパーティ製アプリケーションとの互換性があり、様々なワークフローにご利用いただけます。

さらに、Avid DNxHR®へのエンコーディング機能搭載により、大規模な4Kファイルも容易に編集可能です。また、ユニバーサル・マスタリング機能の追加により、出力、再生時に、フォーマットおよびフレームレートのリアルタイム変換を実現します。

 

• SD、2K、UHD、4Kメディアを素早く、簡単に取り込み、モニター、出力

• Thunderbolt 3 およびPCIe(第3世代に対応)をサポートし、最新のMac / Windowsコンピューターに接続

• Media Composer、Pro Tools、Blackmagic Design DaVinci Resolve、Apple Final Cut Pro X、Adobe Premiere Pro CC等との互換性があり、既存のワークフローにスムーズに追加

• フロントパネルのHD液晶ディスプレイで、ビデオのインジェスト、出力をモニター

 

ユニバーサル・マスタリング機能により、出力および再生時に、フォーマットやフレームレートを容易にリアルタイム変換することができます。Media Composer | Symphony オプションの最適な追加機能です。

Media Composerワークフロー対応の新しいCloud VM等を含み、今、業界のプロが必要とする様々な接続オプション、フォーマット、ワークフローをサポートするAvid Artist | DNxIQは、厳しい納期スケジュールで高いクオリティが求められる制作環境において大いなる柔軟性を提供します。

美しいイメージを実現するパフォーマンス

トラブルに困ることなく驚くほど美しいイメージを。詳細は、Avid Artist | DNxIQ製品ページをご覧ください。

詳細

Avidプロビデオ製品およびセグメントマーケティング担当として、Avidビデオ編集システム、関連ストレージ、インフラストラクチャ・ソリューションに対するマーケティング戦略を担当。既存および新たなお客様をインスパイアするコンテンツの制作を作っていくことに大きなやりがいを感じています。