Media Composer 2019 新機能

By in ビデオ

Avid Customer Associationの毎年恒例のConnectの集いは、 Media Composer 2019 のエキサイティングな発表で始まりました 。これは単なるアップグレードではなく、初めて使う学生から最高レベルの経験豊かなエディターまで、あらゆるレベルのクリエイティブなストーリーテラーをインスパイアするよう再検討されました。

初めて使う方にもすでにお使いの方にも、発見すべきことがたくさんあります。Media Composerのこの新しいバージョンでは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにデザインされたモダンな外観と、今日のメディアフォーマットの要求に対応するためのパワーを備えています。フリーのエディターでも、大規模な制作チームの一員でも、これらの新しい機能やツールで、作業をスピーディかつ効率的に進めることができるので、クリエイティブな部分を犠牲にすることなく、納期通りに仕上げることができます。

Media Composer 2019の4つの大きな新機能をご紹介しましょう。

 

Media Composer 2019 edit suite

再設計されたUIと新しいユーザーエクスペリエンス

Media Composerチームは、よりよいユーザーエクスペリエンスの実現について深く考えてきました。直感的で使いやすく、習得しやすい、すっきりとモダンで、エディターが余計なものに気を散らされず、クリエイティブな作業に集中できるようにすることを目標としてきました。ソフトウェアはまた、さまざまなユーザーのさまざまなニーズに対応できるよう、十分柔軟でなければなりません。お客様のこれまでの、Media Composerに対する経験と愛をまったく無駄にしないままで、これらすべてを成し遂げる-簡単なことではありません。でも、やり遂げられると信じています。

新しいMedia Composerのインターフェイスとデザインの一部をご紹介しましょう。

すっきりとモダンな新しいデザイン

これが新しいMedia Composerです。すべてのウィンドウ、メニュー、パネルは、あなたのクリエイティビティをより美しく、より直感的に、そしてインスピレーションを高めるよう、慎重に考えられました。あらゆるOS用の新しいライト / ダークなスキン、 高DPIモニタのサポート、クリップにラベルを付けるための拡張された32色パレットで、Media Composerのどのスクリーンも素晴らしく見えます。

タスクベースのワークスペース 

ワンクリックで、作業に適したツール(編集、カラー、オーディオ、エフェクトなど)と合わせたワークスペースが開きます。必要なものは表示し、不要なものは非表示にし、ワークフローを合理化。また、必要に応じて、必要なツールでワークスペースをカスタマイズ。

視認性と柔軟性を高めるレイアウト

フローティングウィンドウが多すぎると、ツール、コンテンツや重要な情報が隠れてしまう場合があります。Media Composer 2019では、他のパネルのサイズを変更すると自動的にサイズが変わるウィンドウでUIがパネル化されています。特定のタスクには 、デフォルトのレイアウトにドラッグアンドドロップでウィンドウを好みに合わせて並べ替え、必要に応じてパネルを追加または削除します。さらに柔軟にするために、1つまたは すべてのウィンドウをポップアウトさせ、パネル化されたUI の上に乗せることができます。現行のMedia Composerと同様のフローティングウィンドウがお使いになりたいお客様には、Media Composerは立ち上げ直したときにサイズと位置を記憶します。

 

より良いビンのナビゲーション

ビンがクリップでいっぱいになると、必要なものを見つけるのに時間がかかってしまいます。ビンマップは、ビデオゲームの世界地図と同じように、ビンのどの部分を見ているかをユーザーに示します。特定のクリップはより見つけやすくなり、ユーザーは自分のビン編成の値を保持できます。適応型ビンフレームは、クリップ名が重ならないように自動的に調整されます。

新機能はまだまだあります。

 

仕上げと配信

私たちは多くのお客様と話をし、今日および将来におけるプロダクション企業にとっての非常に重要な課題を理解しています。絶え間なく変わるフォーマット、ビット深度や解像度、そして納品の際に求められる様々な基準と、運用効率の不足もあいまって、余分なコストが発生します。Media Composer 2019は、品質を犠牲にすることなく、複雑なプロジェクトを納期通りに完成させ納品するための多くの新しい機能を、制作会社やフリーランサーに提供します。

新しい32 bitのフルフロート・カラーパイプラインは、最初から最後まで高解像度のHDRフォーマットでの作業をサポートします。カラーグレーディングの外注やフィニッシングのアプリケーションのためのエクスポートには時間も費用もかかる上、 すべてのプロジェクトに必要というわけではありません。32 bitのフルフロート・カラーパイプラインにより、必要に応じて編集、フィニッシング、パッケージ化などすべてのプロダクションをMedia Composer内で完了することができます。

グレーディングやエフェクト、フィニッシングにデータの行き来が必要なプロジェクトやワークフローには、新しいカラーパイプラインが最高のクオリティと高い精度を保証、どんなカラーデータも失う心配はありません。 また 、相互運用性の向上や外注ワークフローのスピードアップのために、OpenEXR といったフィニッシングフォーマットもサポートしました 。 

この新しいリリースは、ACES(The Academy Color Encoding System)ロゴプログラムの新しいEditorial Finishing カテゴリに参加する業界初のビデオ編集ソフトウェアになります。ACES互換のカラーワークフローを採用することで、より効率的に作業し、プロジェクト全体で一貫したカラー精度を維持し、より早く仕上げることができます。また、Media Composerでは、DNxUncompressedコーデックがさらに多くのビットレートをサポートし、インジェスト、編集、グレーディング、レンダリングが可能になっています。

最後に、私達は配信とパッケージ化のための最新の業界標準と提携しました。Symphonyオプション(ほとんどのライセンスオプションに含まれています)を使用すると、SMPTE Standard 2067-21 IMFパッケージを作成し、選択したOTT(Over The Top=インターネット経由のコンテンツサービス)プロバイダーにMedia Composerから直接配信できます。

Media Composer 2019 blog header

次世代エンジン

Media Composerは内部でも多くの変更をしてきました。エディターがストーリーを伝えることに集中しようとしている時に、もしも編集ソフトウェアがパワフルで効率的でなければ、クリエイティブではない作業で制作が遅れ、コンピュータのリソースも占有されてしまいます。そのため、昨年はバックグラウンド・レンダリングやトランスコード、再生中のバックグラウンドでの編集作業をサポートするライブタイムラインなど、次世代機能を実装してきました。これらは、Media Composer がメディアを処理する方法を大きく改善したもので、エディターのクリエイティブなフローを維持し、非効率で無駄な時間や作業を省くことに成功しています。

今回、このリリースでは、この次世代Avid Media Engineにいくつかの大きな改良を加えさらに高い水準を目指します。まず、業界で普及しているメディアファイル・フォーマットである、OP1aコンテナフォーマットをネイティブサポートしました。これにより、待ち時間やファイルの再ラッピングすることなく、Media ComposerのビンやタイムラインにOP1a映像をダイレクトにインジェストでき、さらには新しいOP1aメディアをプロジェクト内で作成し、コンソリデート、トランスコード、ミックスダウン、配信をよりよいパフォーマンスで、スピーディな相互運用や処理が可能になりました。

また、Media Composer | Ultimateと Media Composer | Enterpriseに、Media Composer | Distributed Processing (=分散処理)という新機能をオプションで追加。Distributed Processing は、バックグラウンド・レンダリングとトランスコードの枠を超えて、ユーザーがこれらのプロセッサに負担のかかる作業を、ネットワーク上の他の、待機状態もしくは専用のマシンに割り振り、自身のプロセッサを完全に解放することができます。 これにより、クリエイティブな作業に時間とコンピューティングリソースを活用することができ、ワークフローの拡張性が高まります。 

作業中のコンピュータからのレンダリングなど、GPUやCPUに負担がかかる作業を移動することで、作業の遅延を防ぎ、手元のプロジェクトに集中することができます。作業が終わると、ユーザーはファイルが準備できたという通知を受け取り、すぐに新しい素材にリンクできます。さらに、レンダリングまたは トランスコード・プロセスを複数のクライアントやサーバー間で分割し、さらに効率を高めることもできます。たとえば、30分かかる作業を3台のマシンに分割すれば、10分で終了することもできます。古くて使用されていないコンピュータやサーバーも、レンダリングおよびトランスコード専用として価値を発揮できます。

Media Composer | Enterprise

組織のどんな役割にもカスタマイズできるツールセット 

Media Composerファミリーに、Media Composer | Enterpriseが仲間入りしました。Media Composerの機能を、組織内のさまざまな役割に合わせて使用することができます。企業は、アシスタント、ロガー、エディター、サウンドエディター、ディレクター、プロデューサーなど、さまざまなタイプのユーザーごとに、機能やインターフェイスをカスタマイズし設備を整えることができます。各ユーザーは、必要な機能だけを使うことができます。

Media Composer | Enterpriseは、施設や組織が経費を削減し、コストのかかるミスを最小限に抑えるようサポートします。ツール、機能やメディアへのアクセスを簡単に管理することで、初心者や経験の浅いユーザーでもMedia Composerを簡単にすばやく習得でき、トレーニングの時間とコストを削減できます。教育施設では、編集やエフェクトのデザインから、カラーコレクションやオーディオ制作まで、コースレベルや範囲によって使用可能なツールセットを変更できます。ニュース、スポーツ、ポストプロダクションの現場では、Media Composer | Enterpriseは、エディター、ジャーナリストやその他の協力者の間の共同作業やワークフローの橋渡しを容易にします。メディア、プロジェクトやビンは、オンサイトまたはオフサイトの共同制作者と共有できます。

最後に、Enterpriseは機密性の高い制作や特別なコンテンツに一つ上のレベルの保護とセキュリティを提供します。偶然または悪意によって、貴重なコンテンツが紛失、漏洩、または消去されるといった心配があります。新しいユーザーが特定の機能、許可されていないプロジェクト、メディアビンにアクセスできないようにしたり、エクスポート、インジェストやエンコード設定の変更などの操作をさせないようにすることで、Media Composer | Enterpriseは 、組織や施設におけるメディアの盗難、紛失、または破損のリスクを大幅に減らすことができます。 

その驚くべき新機能、革新的なデザイン、そして深くパワフルな改良により、Media Composer 2019は、編集、フィニッシング、配信が、制作者のためにより直感的、よりインタラクティブ、そして効率的なものになるように再構築されました。クリエイターのために。 

新しいMedia Composerの詳細をご確認ください、また、製品が発売になったら お知らせします !(リンク先にあるオレンジの「Notify me」ボタンから、お名前(お名前と苗字)とEmail アドレス、お住まいの国をご入力ください。)

新しい Media Composer

リリースされたら、ぜひ全ての新機能を体験してください。
お客様が気に入っていたこと、そうでなかったこと、そして欠けていたことについて耳を傾けて再検討しました。

は、ボストン大学で映画学の文学士号を取得した後、カスタマーケアのインターンとして11年間Avidに入社しました。 サポート担当者、プロダクト・チャンピオン、テクニカル・アカウントマネージャなどさまざまな役職を歴任した後、プロダクト・マネジメントに移り、過去3年間Media Composerのプロダクト・マネージャを務めています。