Pro Toolsコンポーザー/アレンジャー向けクロスグレード特別価格期間限定プロモーション!

By in オーディオ

AvidではPro Toolsスタンダード・ソフトウエアの「永続ランセンス版」と「年間サブスクリプション版」を通常表示価格の約20%オフで、以下の条件の対象となるお客様に販売する期間限定「Pro Toolsクロスグレード」プロモーションを、下記の要領で実施します。

実施期間:2017/2/17—2017/3/31

プロモ価格:

  • Pro Tools永続ライセンス版:税別表示プロモ価格¥57,000
  • Pro Tools年間サブスクリプション版:税別表示プロモ価格¥29,000

本プロモ対象となるお客様:

他社DTMソフトを作曲/アレンジ用途でお使いのお客様

  • 対象ソフト:Garageband / Cubase / Logic / Live / FL STUDIO /Audition / Reason / Digital Performer / ABILITY /Singer Song Writer / Studio One / Sonar / SONY ACID/KORG Gadget
  • 各ソフトウエアのバージョン/クラスは問いません。但し、I/O等に無償で付属しているソフトは非対象となります。
  •  本クロスグレードは、上記DTMソフトウエアとのデータ互換や同時動作を保証するものではありません。データ移行の方法並びに、それぞれのソフトウエアの共存動作環境は、お客様自身にてご確認ください。
  • お手持ちのDTMソフトは返却/交換の必要はありません。そのまま継続してご利用いただけます。

 

ミュージック・クリエイターがPro Tools を使用するメリットとは?

Pro Tools 12.7は、それ自体でも作曲/アレンジ等のミュージック・クリエーションに適した数多くの機能を搭載していますが、他のDTM/DAWツールで楽曲制作をなさっている方が併用する場合でも、有意義な幾つかの特徴を持っています。

その中で、最も特筆すべきなのは、共同で作業するPro Toolsを使用している多くのアレンジャー/エンジニア/プロデューサーそして、本番用素材を録音/ミックスする為のレコーディング・スタジオとの「データ互換」が効率的になるということが上げられるでしょう。

クリエイター自身が、Pro Toolsも併用することで、作曲/アレンジ/プリプロ/レコーディング/ミックス/(場合によっては)マスタリングといった大部分の制作過程を通して、ひとつの共通言語で「会話」のやり取りが可能となります。

特に2016年にリリースされたPro Tools 12.5で搭載されたクラウド・コラボレーション機能は、そういったデータのやり取り時の「利便性」の向上だけではなく、クリエイターの「創造性」をも大きく高める可能性持っています。

その可能性を最大限に発揮する為、Pro Tools 12.7には、コラボレーションの際のプロジェクト互換を高める為の「コミット」「フリーズ」といった運用性向上の為の機能も装備されています。

この二つの機能を持つPro Tools 12.7を使用することで、クリエイターの皆様は、ひとたび作曲したデータをPro Tools 12.7に移行後は、協同作業者やスタジオといった”外の世界”との「プロジェクト相互互換の維持」という束縛を気にせずに、お好きなクリエイティブ・ツール(VIやエフェクト・プラグイン)を選択し、自分の作品のサウンド・メイクに使うことが可能となったのです。

是非、今回のプロモーションをご利用いただき、Pro Tools 12.7とクラウド・コラボレーションによって生み出される「束縛の無い自由なコラボレーション環境」を前提に、自分にあったクリエイティブ・ノウハウ/ワークフローを見つけてみてください!

本プロモーションに関する、さらに詳しい情報はAvidオーディオ・チャンネル・パートナーまでお問い合わせください。

関連外部リンク情報:

創ろう、つながろう、そしてチャンスを掴もう

Pro Toolsで成功する

業界トップのツールを使って、サウンドをパワーアップ。映画/テレビ用の音楽やサウンドの制作から、世界中のアーティスト、プロデューサー、ミキサーとのコラボレーションまで自由自在です。

LEARN MORE

アビッドテクノロジー株式会社プロオーディオ・ディビジョン・マネージャー。Pro Toolsユーザー事例やミュージック/ポストプロダクション・オーディオ・ソリューション/ワークフロー情報を紹介していきます。