Pro Tools:オーディオ・ポスト向けトラック・プリセット-サブ・テンプレート

By in Pro Mixing, オーディオ

リリース頻度が向上しているPro Tools は、ポストプロダクション・ワークフローでも時間削減に役立つ数々の機能が搭載されています。

トラック・プリセットでは、トラックやトラックのグループを素早く保存し、セッションに呼び出すことができます。

このブログシリーズでは、ポストプロダクション・ワークフローでトラック・プリセットを使用する幾つかの方法を紹介します。最初に紹介する方法は、“サブ・テンプレート”と呼んでいるものです。テンプレート・ワークフローの一部としてより柔軟にトラック・プリセットを使用します。

エンジニアの多くは、長年かけて磨き上げてきた複雑なテンプレートを持っています。テンプレートは、番組のタイプやジャンルに関連した幅広いものから、時には、特定の番組に特化したものもあります。これらのテンプレートは、作業時間を大幅に削減したり、優れた出発点になる一方で、大きすぎて扱いが大変です。

DSPおよびコンピュータ性能という点で、隠れていたり、使用していないトラックやプラグインを直接管理する必要が生じる場合があります。それらは開くのに時間がかかる大きなファイルになりがちです。不要なトラックを多く含む場合には、ビジュアル的にも操作が困難になります。

トラック・プリセットを使えば、大きなテンプレートを扱いやすい小さなグループに分割することができます。全て込みのテンプレートを作るのではなく、トラック・プリセットを使って、独自の“モジュール式”ワークフローをデザインすることができます。

大きなテンプレートを、簡単にトラック・プリセットのグループに変換することができます。テンプレートを開いて、トラックのグループを選択し、テンプレートのカテゴリーに、セッションのタイプや取り組んでいる特定の番組等の適当な名前を付けて保存するだけです。

トラック・プリセットは、直接、Pro Toolsへフォルダごとドラッグ&ドロップ(または右クリックしてインポート)できるので、必要であれば、以前のテンプレートをそのまま使用することができます。フォルダを右クリックして、セッションへトラック・プリセットをインポートします。

このような方法でトラック・プリセットやサブ・テンプレートを保存するメリットは、プロジェクトに必要なトラックだけを簡単に呼び込めることです。

例えば、TV広告用テンプレートをVO、セリフ、Atmos、フォーリー、音楽、SFX、マスターなどのグループに分けます。全てのセッションで全て必要なわけではありません。例えば、VO、音楽とマスターのトラック・プリセットから始めて、必要に応じて、後でSFXを追加することができます。

Pro Toolsで成功する

業界トップのツールを使って、サウンドをパワーアップ。映画/テレビ用の音楽やサウンドの制作から、世界中のアーティスト、プロデューサー、ミキサーとのコラボレーションまで自由自在。

オーディオ・エンジニア、サウンド・デザイナー、ミキサー。アビッド・テクノロジー株式会社のオーディオ・アプリケーション・スペシャリストとしても活躍中。