Pro Tools 2018のトラック・プリセット

By in オーディオ

Pro Tools 2018 は、お気に入りのエフェクト・チェーンから、センドおよび出力のルーティング、さらには埋め込んだMIDIやオーディオまであらゆるものを保存可能にする等、複数の機能を備えたトラック・プリセットを搭載します。 ワークフローを加速するトラック・プリセットの呼び出し機能により、ユーザーは雑事にはまり込むことなく、創作に集中することができます。 それでは、この素晴らしい機能をみてみましょう。 ここしばらく、トラック・プリセットを可能にする対処策のようなものの存在に気付かれる方もいでしょう。なぜこれを正規の機能にしないのかと問われてきましたしかし、このブログと動画を見て頂ければ、この機能の構築に時間がかかった理由がおわかりいただけると思います。この機能構築では、その工程全体でカスタマーからの数多くのフィードバックを取り入れた結果、包括性、信頼性、柔軟性が高く、十分サポートされたものが出来上がりました。  トラック・プリセットを使い、トラックやトラックのグループをプリセットとして保存したら、複数のやり方で呼び出して、ワークフローを加速することができます。  まずは、トラック・プリセットの作り方から見てきましょう。 トラック・プリセットとして保存したいトラックがある場合、トラック名を右クリックする、トラック・メニューから選択する、またはショートカットを使います。

MacではOption+Shift+P

WindowsではAlt+Shift+P

トラック、トラック・メニュー、ショートカットからトラック・プリセットを保存 

これで、ダイアログが開きます。ここでは、トラック・プリセットに名前を付けて、保存するカテゴリーを選ぶ、または新しいカテゴリーを作ります。トラック・プリセットにオーディオやMIDIクリップを含めるか否かを決めることもできます。これについては、のちほど詳しく説明します。意図せずに大量のデータを保存することがないよう、デフォルトでは選択されません。  トラック・プリセットタグでも検索できるため、数バージョン前に追加されたタグ付機能の利便性が高まりました。  タグ付け機能でタグを加えると、プリセット後で探しやすくなります。トラック・データに関する情報を使って名前、トラックのタイプ、プラグインおよびプラグインのカテゴリーをタグ付けする自動タグ付け機能もあります。 

新しいトラック・プリセットの保存ダイアログからトラック・プリセットとオプションを保存

トラック・プリセットを呼び出すには、新しいトラック・ダイアログから1つ選ぶ、またはワークスペースを使ってプリセット名タグ検索します。ワークスペースの新しいトラック・プリセット・カテゴリからプリセットをセッションにドラッグ&ドロップする、または右クリックしてトラック・プリセットのインポート・オプションを使うことができます。 

新しいトラック・ダイアログからトラック・プリセットにアクセス

ワークスペースのトラック・プリセット・ロケーションでトラック・プリセットを簡単に検索、管理

トラック・プリセットを保存する時、オートメーション、センド、プラグイン、関連する設定、クリップを含むオリジナル・セッションのデータ(選択する場合)等、トラックに関する膨大な情報も一緒に保存されます。しかし、どのパラメータを呼び出すかは、個別に選ぶことができます。  迅速に呼び出したいパラメータ範囲を、ワークスペース・ウィンドウの上部の5プリセットに保存することができます。プリセットに含オプションを選択して、その後、呼び出すことができます。オリジナルのデータは維持されているので、いつでも更新可能です 

いつでも呼び出したいトラック・データを選択

この機能を活用する方法については、Pro Toolsユーザーの数と同じくらい様々なアイディアがあるでしょうそれでは、幾つかの方法をみていきます  まずは、素早く呼び出す必要があるボーカルや会話などの重要なセッション要素のお気に入り設定を保存する場合があります。プラグインは全て、オプションでセンド同様に呼び出せます。つまり、テンプレートを使ったり、セッション・データ・オプションをインポートせずに、十分整えられたトラックを新しいセッションに加えて、すぐに使用することができます。  音楽の場面思い浮かぶ例は、適切なプラグインとサブバスを使いトラックへの複数出力を使用して、ドラムなどのバーチャル・インスツルメントの複雑な設定を簡単に呼び出せるよう保存することです同じプラグインやプラグイン類を使わないセッションでも、すぐに制作に取かかれます

複雑なAOSバーチャル・インスツルメントをワンステップで素早く追加

トラック・プリセットにはクリップも含むことができるのでトラック・プリセットを使い、進行中のアイディアや、日常的に呼び出して使用するパターンを保持することができます。タイムベースに強制的に合わせて使用すると、テンポの違うセッションからのものであっても、確実にセッションとテンポを合わせ、同期します。 

MIDIやオーディオのアイディアを維持して簡単に呼び出し

これは、MIDIデータだけでなく、オーディオ・データにも有効です。お気に入りのループがある場合、またはオーディオ・ベースのクリックやリファレンス・オーディオを使用したい場合にも、トラック・プリセットとして保存することができます。 オプションのデータ・インポート機能のすごいところは以前保存したデータの一部を除いてプリセットをインポートしたい場合、MacではCtrlキー、WindowsではWindowsキーを抑えてプリセットを呼び出すだけで簡単にできるところです。 例としては、メディアを使ってドラムやクリック・トラックを作成したが、それらのオーディオやMIDIクリップを取り込みたくない場合や、以前の入力や出力割当てを割り当てたくない場合などがあげられます。 ポストプロダクションには、この機能ワークフローをスピードアップして、トラック管理ではなく創作にもっと専念できるようになる部分が数多くあります シンプルな2つのPIPトラックからテレビやテレビCMシリーズ向けアセットをソートするのですが、特にすごいと思うのは、例えば、取り組んでいる作品に合わせてワープやエフェクトのベースとして頻繁に使用する効果音を集めたトラックのようなSFX用トラックです。

使用頻度の高い要素を簡単に管理

また、計画された全て込みのテンプレートから始めるのではなく、トラックプリセットサブテンプレートとでも呼ぶものを作成して、より複雑なトラックグループをセッションに簡単に追加できるようにする事ができますこれで、以前なら巨大なテンプレートになってしまったものを、トラック・プリセットを使って、管理しやすいトラック・グループに分割して管理可能です プロジェクトに合ったものを作ることは、巨大で複雑なテンプレートから始めるよりも遥かに多くのメリットがあります。見た目にすっきりしていて管理しやすく、後整理しやすいというのはもちろんそれだけ以外にも、音声やシステムの処理パワーをネイティブまたはDSPで不必要に使用せず数多くの隠れたまたは使用しないトラックを持ちません  ポスト作業ではほとんどの事態に対応しようと、大きなテンプレートを幾つか作ることが多いでしょう。しかし、特に、AAFを介して受け取るメディアは、テンプレート自体が作業の進め方を決めてしまうところがあるためたたき台として100ものトラックやセッションを使うというのは、多くの使用されないトラックが含まれることになってしまいます 幾つかのマスター・メーター・プラグインを使用するセッション等、たたき台となる基本のテンプレートがあれば、他のトラックや特定のコンテンツ・タイプのトラックをトラック・プリセットとして用意することができます。SFXトラックやシンク・トラックが必要な場合には、最初に全て揃えてから始めるのではなく、関連するバスやエフェクトを必要に応じて呼び込むことができます。

“サブ・テンプレート”により大きなセッションを簡単に構築、管理

音楽セッションでは、様々なインツルメント・タイプのトラック・プリセットを用意し、実際、楽曲やアーティスト用に必要となった時にインポートするだけです。 
これにより、セッションを最小限に抑え、十分に管理しながら、高速で呼び出せる幅広くかつ詳細なオプションを持つことができます。例えば、456ピースのドラムセット、マイクまたはDI、または両方を使用するベース、ステレオ・キー、モノ・キー等セッションに合ったトラックだけを取り込めばよいのです 記事のまとめにかかっていると思われたかもしれませんが、ちょっとお待ちください。新機能を構築する時に、完成までに時間をかけた理由について、紹介する価値のある最適な例がまだあります。 ここまで、セッションに新しいトラックを持ち込むことについて話してきました。しかし、ご存知のように、音楽やポストで、トラックに対して創作的な作業を始める時、それがどんなものになるのか、新しいトラックを持ち込んで、全てのメディアをそれに移動せずに、トラックにプラグインやセンドを加える必要があるのか、確信がないまま行うことが少なくありません。 トラック・プリセットではその設計により、トラックに保存された全てのデータまたはその一部のみを使用することができます。 ご推察のとおり、トラック・プリセットは、いわゆるプラグイン・チェーン・プリセットなのです。 

インサートからプラグイン・チェーンを直接呼出し

基本的な設定で、日常的に使用するAvidおよびサードパーティ製のプラグイン・チェーン幾つか持っています信頼するお気に入りのプラグインをインサート・ポイントで右クリックして呼び出すことができるようになります同じくセンドも可能になります  また、Pro Toolsのほぼ全ての機能と同様に、Do to all”あるいは“Do to selected”を使って同じ操作を複数トラック全体に実行することもできます。これにより、複数のプラグイン、リバーブをセンド、出力/バス割当てを簡単にトラック・プリセットにすることができます。つまり、Do to selectedを使い、トラックのセンド・セレクターからリバーブ・トラック・プリセット選択して、複数トラックから既にAuxバスにあるお気に入りのリバーブへ新たなセンドをワンステップで作成できます。

プラグインでお気に入りのAuxへセンドまたは出力を素早く追加

トラック・プリセットには様々な側面があります。全てをカバーしきれませんでしたが、トラック・プリセットをお試しいただくことを強く奨励します この機能およびその幅広い機能が、Pro Toolsユーザーのワークフローに多くの改善をもたらす確信しています。そしてPro Toolsユーザー、プラグイン制作者、ループ・プロバイダー、SFXライブラリが、この新機能をどのように活用していくのか楽しみにしています。 制作とミキシングを楽しみましょう。 

*ビデオは日本語字幕がご利用いただけます。表示されない場合は、右下の字幕ボタンで設定してください。

Pro Toolsで成功する

業界トップのツールを使って、サウンドをパワーアップ。映画/テレビ用の音楽やサウンドの制作から、世界中のアーティスト、プロデューサー、ミキサーとのコラボレーションまで自由自在。

オーディオ・エンジニア、サウンド・デザイナー、ミキサー。アビッド・テクノロジー株式会社のオーディオ・アプリケーション・スペシャリストとしても活躍中。