Pro Tools | HD12.8, Dolby Atmos® ワークフローに対応!

By in オーディオ

コンシューマー・ニーズの高まりとともに、オーディオ業界にも様々な変化が生じています。これからのオーディオ・プロフェッショナルの課題は、高品質を保ちながら、どのように効率よくイマーシブ・コンテンツに対応していくかということになっていくでしょう。

Pro Tools | HDは、先進的で高度な技術が要求される新しいオーディオ・コンテンツ制作作業を、よりシンプルに実行可能とすることで、制作者のクリエイティビティーを高めることができる、最もパワフルなオーディオ・プロダクション・ツールです。

Pro Tools | HD 12.8では、Dolbyの最新の”ゲーム・チェンジャー” Dolby Atmosに対応、フォーマットに応じて必要なワークフロー全体をカバーすることができるようになりました。

Pro Tools | HD を使用することでDolby Atmos上でのミックス作業がより効率的に実行可能となります:

 

  • 7.1.2ステム・フォーマットに対応及びフォールド・ダウン・ロジックも搭載
  • 3D オブジェクト・ルーティング・オートメーション対応
  • 物理コントロールに優れたPro Tools | S6 統合で、より完璧なミックス作業を実行可能
  • プリント・マスター・メタ・データを埋め込んだADM BWAVに対応し、再利用が容易に
  • シネマまたはホーム用RMUに接続可能、さらに新しいMacベースの“Dolby Atmos Renderer”にも対応

 

Pro Tools | HD 12.8は、オーディオ業界の最新フォーマットに対応しているだけではなく、チームとしての作業効率アップに必要な機能も追加されています。

Pro Tools | HD12.8は、Avid NEXISストレージに対応することで、新たなコラボレーション/共有ワークフローを提示しています。複数のPro Tools HD ユーザーが、セントラル・メディア・ストレージ上に必要なプロジェクトを置きながら、異なったシステム間でのファイル移動という無駄な時間を浪費することなく、スムースに協業していくことが可能となるのです。

 

また、Pro Tools |HD 12.8では、新たに最大10名までのコラボレーターが参加可能となったクラウド・コラボレーション機能を使うことで、世界中のチーム・メンバーと効率良く協業していくことが可能となりました。プロジェクト自体も、ローカルのみに保存することが可能となり、必要なプロジェクトだけを選択してクラウド上にアップロードするといったこともできるようになっています。

ファイル自体を送信しあって共同作業を行う時代は終わりました。「Avidクラウド・コラボレーション・プレミアム・プラン」を利用することで、皆様や皆様のチームで、どのプロジェクトがクラウドに保存されているか、十分な容量が空いているかを確認/管理することができ、Pro Toolsを使っている限り、世界中のどこからでも、それらのプロジェクトにアクセスすることが可能となるのです。

Make your mark with Pro Tools

Create music or sound for film/TV and connect with a premier network of artists, producers, and mixers around the world.

Avidの Pro Toolsクリエイティブ・アーティスト向けソリューション・マーケティング・スペシャリスト。学生時代にギターを学びミュージック・クリエーションを開始、現在は映画音楽の作曲も手がけています。業界最高峰のソフトウエアをオーディオ業界に紹介できることを光栄に感じています。