Sibelius/Sibelius|First実用ガイドが発売

By in 記譜

Sibelius 8.6に対応した総合ガイドブック

株式会社スタイルノートから『Sibelius / Sibelius | First 実用ガイド』が発売されます。

基礎から説明した総合ガイドブックで、マニュアル代わりとしてもご利用いただけます。本書では、Sibelius8.6とSibelius | Firstを使って、音符の入力方法から応用テクニックまで1つずつ説明しています。

書籍情報

Sibelius/Sibelius|First実用ガイド 
楽譜作成のヒントとテクニック・音符の入力方法から応用まで
スタイルノート楽譜制作部(編)
B5判  384頁 並製
価格 4,000円+税
ISBN978-4-7998-0162-8 C1004
奥付の初版発行年月 2017年08月
書店発売予定日 2017年08月24日
登録日 2017年07月26日
詳細: https://www.stylenote.co.jp/bd/isbn/9784799801628/

目次

目次
■Tutorial・メロディ譜を作ってみる
Step1 新しいスコアを開く
Step2 操作画面
Step3 音符を入力する−マウス入力
Step4 スコアをスクロールしよう
Step5 表示サイズを変更してみよう
Step6 スコアを再生しよう
Step7 スコアを整える−余分な小節の削除
Step8 スコアを保存する
Step9 スコアを閉じる

■Reference 1・スコアの準備
Point1 新規スコアの作成(1)−[クイックスタート]から
Point2 新規スコアの作成(2)−[クイックスタート]を使わない
Point3 既存のスコアを開く

■Reference 2・音符・休符の入力
Point1 [テンキー]について
Point2 入力手順のいろいろ
Point3 いろいろな音符と休符
Point4 声部を使った入力

■Reference 3・音楽記号
Point1 [テンキー]から入力する記号
Point2 [シンボル]から入力する記号
Point3 [テキストスタイル]を使った記号
Point4 ラインによる音楽記号
Point5 リピート記号
Point6 調号、拍子記号、音部記号

■Reference 4・歌詞とコード記号
Point1 歌詞
Point2 コード記号
Point3 コードダイアグラム

■Reference 5・スコアを編集する
Point1 範囲の選択
Point2 コピー
Point3 音符・休符の編集
Point4 小節の編集
Point5 小節線の編集
Point6 括弧の編集

■Reference 6・スコアをレイアウトする
Point1 レイアウトの前に
Point2 用紙サイズと譜表サイズ
Point3 音符や記号の配置を整える
Point4 小節割りを整える
Point5 空の譜表を隠す
Point6 譜表の間隔を整える
Point7 ページ割りを調整する
Point8 ちょっと特殊なレイアウト
Point9 楽器名
Point10 タイトルまわりを整える
Point11 小節番号とページ番号

■Reference 7・スコアを演奏する
Point1 再生する
Point2 音色
Point3 テンポ
Point4 音楽記号を演奏する

■Reference 8・エクスポートとインポート
Point1 旧バージョンのスコア
Point2 オーディオファイル
Point3 MIDIファイル
Point4 グラフィックファイル
Point5 PDFファイル
Point6 MusicXMLファイル
Point7 ハウススタイル
Point8 ファイルの共有

■Reference 9・特殊な楽譜
Point1 エレキギターの楽譜
Point2 タブ譜
Point3 ドラム譜
Point4 パート譜

思い通りの楽譜づくりを

前書きより

「本書は『Sibelius/Sibelius | First実用ガイド』という書名のとおり、実用的なガイドブックを目指して制作されました。膨大なSibeliusの全機能を解説しているわけではありませんが、楽譜を作る際に必要となる機能や操作はひと通り網羅しています(それでも膨大な種類の記譜法や表現方法、そのすべてにはとても言及できないのですが)。本書を使えば、ひと通りSibeliusやSibelius | Firstを使いこなすことはできるはずです。
本書を柔軟に活用して、思い通りの楽譜づくりを楽しんでいただければ幸いです。」

美しいスコアを素早く簡単に

Sibeliusであなた自身を 表現してください

世界最も売れている記ソフトウェアで美しく魅力的なスコアをこれまで以上に短時間で作成しましょう

アビッドテクノロジー株式会社、マーケティング・マネージャー。アビッドのイベント情報、ユーザー事例、ソリューションなどを紹介していきます。