YARON FUCHS氏とコラボレーションのプロセス

By in オーディオ

チャレンジ

世界中のクライアントにとって魅力的なクラウドコラボレーション環境を提供することで、自由に音楽レコーディング/ミキシングを行う事ができるホームスタジオを作る。

ソリューション

Pro Tools、クラウドコラボレーション、Avid S6を利用して、録音、編集、ミキシングを行う。

使用製品

55歳になったGRAMMY®賞ノミネート経験を持つプロデューサー兼ミキシングエンジニアのYaron Fuchs氏は、もはや大ヒット作品は追い求めていないと語ります。彼がアーティストと仕事をする際に心掛けている事は、「素晴らしい音楽」を創るということです。「”素晴らしい音楽”であることこそが全てです。私は心を動かされ、刺激を与えてくれる作品だけに取り組むことにしています。」

 

彼の功績には、ハービー・ハンコック、アニー・レノックス、ベン・ハーパー、ポール・サイモン、スティング、ティム・マグロウ、マドンナ、パブリック・エナミーなど、多くの著名なパフォーマーが含まれますが、彼は有望なアーティストのさらなる成長に貢献できることを誇りに思っています。「私は、シンプルなアプローチをとります。彼らの話を聞いて、彼らと話しをし、ストーリーを伝えて共通の目標を立てて、無駄なものを取り除きます。

サンフランシスコ・ベイエリアで育ったFuchs氏は、高校を卒業後は兵役に服するために故郷のイスラエルに戻りました。米国に帰国後は、ニューヨークに移り、コロンビア大学でコンピューターサイエンスと音楽の学位を取得、ニューヨーク市のジャズとロックシーンで欠かせない存在となり、彼の音楽的で技術的な背景が各方面から高く評価され始めました。「私は、MIDIとコンピュータサイエンスを知っていたので、誰もが私のところにやって来ました。私はアーティストに、制作とエンジニアの方法を学ばせてもらいながら、プロジェクトに取り組ませてくれるよう依頼したのです。」

 

Fuchs氏の人気が上昇したので、彼は90年代にイーストサイド・サウンドに参加し、その後、NuMediaニューヨークスタジオを共同設立しました。大規模なスタジオが消滅危機に直面し始めたとき、Yaron氏と彼のビジネスパートナーのBob Brockman氏は、彼らの目的と手段を再考し始めました。彼がかつてミックスマガジンに、こう語ってます:。今日のテクノロジーを使えば、大規模なスタジオと同じ品質と効率でほぼすべてのミキシング業務を、別の方法でも実行できるということがわかっていました。私は、ニューヨークにいるレコーディング・アーティスト達の素晴らしい部屋を活用し、そこで生まれた素材を元に作品を完成させていくというオプションに魅力を感じていました。」

 

NuMediaを売却した後、彼はニューヨーク州北部に自宅を購入し、計画を立てるために1年間休暇を取りました。そして、彼はホームスタジオを作ることに決めます。場所は、グリニッチビレッジにある伝説的なエレクトリック・レディ・スタジオの後ろにある有名な建築家のWalters-Storykデザイングループのジョン・ストーリーク氏が設計したハイブリッド・ミックス・ルームです。HDXシステムと、そのコントロールを行うAvid S6コンソールを中心に、知名度の高いほぼすべてのプラグインも揃えています。また、Neve、Manley、API、GMLを含む、無数のアウトボード機器を通した後、64のアウトプット・ソースをSSLでサミングしています。

「スタジオを作る際、S6システムを中心とした上で、アウトボード機器を丁寧に選択していくことにしました。全てがその2つに集約されています。」

YARON FUCHS氏(プロデューサー兼ミキシングエンジニア)

Fuchs氏が特に経験の浅いアーティストをプロデュースするとき、彼は全員がPro Toolsシステムを保有し、使いこなせることを必要条件としています。Pro Toolsは、彼のスタジオ全体のバックボーンとなっていて「全員がコミュニケーションする為の言語」となっているのです。

 

最近、Yaron氏の仕事の多くは口コミで広がっていて、多くの場合はソーシャルメディアを使って行われています。アルバムを3枚制作した、チェコ共和国の有名なバンドのKrystofのように、ヨーロッパを拠点とするプロジェクトは数多くあります。最新のアルバムでは、外部の共同プロデューサーと4曲のコラボレーションを行いましたが、作品が完成する前の数回のSkype通話以外に直接会ったことはありませんでした。「クラウドコラボレーションがなければ、それは不可能でした。クラウドにより、地理的な条件に関係なく、プロジェクトに最適なエンジニア、スタジオ、ミュージシャンを見つけることができます。それは、まさに考え方を根本から変えてしまいました。」

Your Studio Anywhere

ハイパフォーマンスなスタジオをどこででも!美しく構築された設備やDIYで作った部屋、マンションの一室、予備の会議室でも。Pro Toolsシステムを使用する事で、どんな場所もプロフェッショナル・スタジオへと変貌します。