Pro Tools | HDXとPro Tools | MTRXをフル活用し、『360 Reality Audio』の楽曲制作にいち早く取り組む山麓丸スタジオ

By in Pro Mixing

Installed by

東京・青山にオープンした山麓丸スタジオ

今年、東京・青山にオープンした山麓丸(さんろくまる)スタジオは、ソニーが開発したオブジェクト・ベースの立体音響技術、『360 Reality Audio』の楽曲制作に特化したユニークなスタジオです。『360 Reality Audio』は、楽曲を構成する要素ひとつひとつに位置情報を付与し、球状の空間に自由に配置することで、これまでにない没入感のある音場を実現する新しい立体音響技術。認定ヘッドフォンと対応ストリーミング・サービスを利用できる環境があれば、多数のスピーカーや高価な専用機器を用意することなく楽しめるため、いま世界中の音楽関係者から大きな注目を集めています。山麓丸スタジオを運営する株式会社ラダ・プロダクションのChester Beatty氏は、『360 Reality Audio』に大きな可能性を感じていると語ります。

 

「昨年の春前くらいでしょうか。ソニーさんが開発した波面合成の立体音響システム、Sonic Surf VR(SSVR)の仕事を手がけていた関係で、『360 Reality Audio』を体験する機会があったんです。そうしたら音が再生された瞬間、“これはマズい”とSSVR以上の衝撃で……。360度どこにでも自由に音を配置することができて、SSVRにもかなり可能性を感じたのですが、それよりもさらに表現の自由度が上がったような印象がありました。間違いなくこれが未来の音楽の楽しみ方の標準になると確信したので、初めて体験したその日に、“ウチはもうこれでいこう”と決めてしまったくらいです(笑)。『360 Reality Audio』で素晴らしいと感じたのが、リスニング・ポイントを固定せずに楽しめるところ。ステレオですとスウィート・スポットがあるわけですが、『360 Reality Audio』はヘッドフォンで楽しむことができるので、“ここで聴かないとダメ”というのがない。聴き手を自由にするというか、これは音楽の楽しみ方が変わるなと思いました。それと『360 Reality Audio』は、Pro Tools用の360 Reality Audio Creative Suiteというプラグインが用意されていて、コンテンツ制作にあたってのハードルが低かったのも魅力です。使い慣れたPro Toolsを使って、これまでの延長線上でコンテンツを作ることができる。高価な専用ツールは、会社組織だったら導入できるかもしれませんが、若いクリエイターも気軽に取り組めるようにしないと、こういう新しいテクノロジーは広がっていきませんから」(Chester Beatty氏)

 

株式会社ラダ・プロダクションのプロデューサー Chester Beatty氏

株式会社ラダ・プロダクションは以前もスタジオを保有していましたが、旧スタジオが入居していたビルがちょうど建て替えのタイミングだったため、『360 Reality Audio』のコンテンツ制作に特化した新スタジオの開設を決断。多くの関係者の協力のもと、13.1chのスピーカー・システムが常設されたスタジオ、山麓丸スタジオが誕生しました。

 

「山麓丸スタジオは、完全に『360 Reality Audio』に特化したスタジオになっています。ステレオ・ミックス用にデスクを置いてしまうと下のスピーカーが隠れてしまいますし、隣りのマスタリング・スタジオなど連携しているスタジオはたくさんあるので、普通のステレオ・ミックスは別の場所でやればいいかなと(笑)。スピーカーは『360 Reality Audio』のレギュレーションに沿って、フロントLCR、LS/RS、ハイト・スピーカーが5本、ロアー・スピーカーが3本という3層構成の13.1chになっています。サブ・ウーファーは1本でいいんですが、ここでは2本設置していますね。ただ、『360 Reality Audio』はオブジェクト・ベースの立体音響なので、スピーカーの数に制約はないんですよ。立体感は弱くなりますが、5本でも3本でもよく、だからこそヘッドフォンで再生できるんです」(Chester Beatty氏)

 

スピーカーは、フロントLCR、LS/RS、ハイト・スピーカーが5本、
ロアー・スピーカーが3本と3層構成の13.1ch

そしてスタジオの核となるのが、2台用意されたPro Tools | HDXシステムです。オーディオ・インターフェースはPro Tools | MTRXを2台のHDXシステムで共有し、サブ・インターフェースとしてPro Tools | MTRX Studioも用意。山麓丸スタジオのチーフ・エンジニアである當麻拓美氏は、「オーディオ処理を分散させるためにPro Tools | HDXシステムを2台併用することにした」と語ります。

 

「トラック数が増えていくとどんどん重くなっていきますし、ROCK ON PROさんと一緒に検証した結果、Pro Tools | HDXシステムを2台用意して処理を分散させた方がいいだろうということになりました。Pro Tools | HDXシステムは、2台ともHDXカード2枚の構成で、Satellite Linkで同期させています。Pro Tools | MTRXはモニター・コントローラーとしても使用していて、DADmanですべてコントロールしています。また、『360 Reality Audio』はヘッドフォンで楽しむ人が多いので、ソニー MDR-M1STをメインに、コンシュマー用のものなど、いろいろなタイプのヘッドフォンを取り揃えていますね」(當麻氏)

 

山麓丸スタジオのチーフ・エンジニア 當麻拓美氏

Pro Tools | MTRXとPro Tools | MTRX Studio

コントローラーとしてAvid S1も活用

Chester Beatty氏が語っていたように、『360 Reality Audio』はコンテンツを制作するためのツールが、DAW用プラグイン=360 Reality Audio Creative Suiteとして提供されているのも大きなポイントです。360 Reality Audio Creative Suiteは、専用サイトから誰でも購入することができ、AAXプラグインとしてPro Tools上で使用することができます。

 

「『360 Reality Audio』のミックスを行う場合、まずはPro Toolsのオーディオ・トラックとマスター・トラックに360 Reality Audio Creative Suiteプラグインをインサートします。プラグインをインサートしたトラックはオブジェクトとして扱われ、全天球のGUIを使って360度自由にパンニングして音像を作っていくという感じですね。『360 Reality Audio』では最大128個のオブジェクトを使用することができ、モノ・トラックは1オブジェクト、ステレオ・トラックは2オブジェクトとして扱われます。もちろん、Pro Tools標準のオートメーションも使うことができます。ただ、注意しなければならないのが、オーディオ・トラックの音はプラグインからマスター・トラックのプラグインに直接送られ、マスター・トラックのプラグインがオーディオ・インターフェースを直接掴むという点です。つまりオーディオ・データは、Pro Toolsのミックス・バスを通らずにプラグイン間で直接やり取りされるということで、モニターの音声もマスター・トラックのプラグインからダイレクトに出力されます。従ってそのままですと、ミックス・ウィンドウのフェーダーを使うことができないので、ここではトラックごとにAUXトラックを作り、そちらに360 Reality Audio Creative Suiteプラグインをインサートしています。こうすれば、ミックス・ウィンドウのフェーダーを使ってミックスすることができますからね。そしてミックスが完成したら、Pro Tools標準のバウンス機能を使って、『360 Reality Audio』フォーマットのファイルを書き出します。『360 Reality Audio』では、ビット・レートの異なるファイルを4種類同時に書き出し、それをマスターとして納品する形になります。再生機のスペックやインターネットの速度に合わせてビット・レートを落とす場合、ハードウェアやソフトウェアに依存するやり方が普通だと思うのですが、『360 Reality Audio』では最初に4種類のファイルを生成してしまうというのがポイントですね」(當麻氏)

 

360 Reality Audio Creative Suite

既に『360 Reality Audio』対応楽曲の制作を数多く手がけている山麓丸スタジオ。Chester Beatty氏は、作業前のディレクションがとても重要であると語ります。

 

「やろうと思えば何でもできてしまいますので、最初にコンセプトを固めて、それに向かってミックスしていかないと大変ですね。クラシックだったら真ん中のリスナーを演者が取り囲むような音像にしようとか、アイドルの楽曲であれば飛び道具を使って楽しいミックスにしようとか。まっさらな状態で取り組んでも、決して良い仕上がりにはなりません。これからぜひ取り組んでみたいのは、『360 Reality Audio』によるライブ配信です。ライブ会場の音場表現に合っていると思うので、ライブ配信ができるようになればおもしろいんじゃないかなと。『360 Reality Audio』は今後、間違いなく定着すると思いますし、将来的には聴いている楽曲が立体音響かどうかということを意識しないようになるのではないでしょうか」(Chester Beatty氏)

Pro Tools | MTRX

新たなレベルの再現性と柔軟性を実現