Pro Tools | Carbon 導入事例 #6:レコーディング/ミキシング・エンジニア – アキモトユウスケ氏

By in Pro Tools | Carbon ギャラリー, オーディオ, 音楽制作

アキモトユウスケ氏 -Yusuke Akimoto- プロフィール

Carbonを選んだ理由

 

ちょうどインターフェースを変えたいと思っていた時期にCarbonが発表になったので、RockON Companyさんに各社フラグシップモデルと並べて聴き比べをさせてもらったんです。

もちろんどれも良かったのですが、その中でもCarbonが普段スタジオでレコーディングをしている時の感覚と1番近かったんです。

MTRX StudioやHD I/Oとも比較してみましたが、後発製品だけにそれぞれの良いところをバランスよくまとめてあって、ちゃんとCarbonとしての良さがあるのがいいですね。

しかもこの価格でオールインワンのシステムでって考えると、本当にすごいなって思います。

Carbonを使ってみて

 

ハイブリッド・エンジン、これがものすごくありがたいです。

ネイティブプラグインとの共存がより密接になったので、ミックスを進めているプロジェクトに追加でレコーディングをする場合でも、スムーズに作業ができました。

ファンも静かなので、演者と距離が近くなったり、ちょっとした音が気になりがちな静かなホールでの収録など、現場環境に対しての懸念も減りましたね。

それと、このぐらい高機能になってくると、どうしても2Uサイズ、もしくはそれ以上は仕方ないと思っていたのですが、1Uサイズでパッケージされているのが本当にすごいなと。

小規模なレコーディングでは、オーディオインターフェースを持ち出すことが多いので、メインとなるシステムの持ち運びがしやすいのは本当に助かります。

マイクプリアンプの性能も良いですね、とても扱いやすいです。

ライン入力時にプリアンプをバイパスできるので、好みのプリアンプを使いたい時も気兼ねなく使えますね。

今後活用していきたいこと

 

せっかくI/Oが優秀なのでギターやベースのリアンプや、あとはアウトボードを活用していきたいですね。

アウトボードは昔のエフェクターラックを今でもよく活用するので、よりよく使っていけると思います。

あとは持ち出しでレコーディングのお供としてどんどん使っていきたいと思います!

Pro Tools | Carbon

アーティスト、バンド、プロデューサーに最適な高品位オーディオ・インターフェースです。