すべてのプラットフォーム間でSibeliusのスコアを共有、iPhone用Sibeliusアプリのご紹介

By in 記譜
image_pdfimage_print

本日リリースされたSibelius製品のアップデートにより、2つの新しいテクノロジーが利用可能になりました。

1つ目は、スコアを他のユーザーと共有し、他のユーザーが自分のデバイスから編集したり操作したりできるようになったことです。これは、スコアの確認や編集が必要になった場合や、教師が生徒にスコアを送信して指導する場合に最適です。

2つ目は、iPhoneユーザーがSibeliusを利用できるようになり、スコアのライブラリ全体を簡単に持ち運べるようになったことです。iPadユーザー向けの改善点など、最新リリースの新機能のレビューについては、以下をお読みください。

 

Sibelius Cloud Sharingを使用したスコアの印刷とダウンロード

他の人と音楽を共有することは、かつてないほど簡単になりました。2017年に、Sibeliusはオンラインで音楽を共有するためのシンプルで革新的な方法を発表しました。Sibelius上で1回クリックするだけで、テキスト、メッセージ、ソーシャルメディアへの投稿を介して他のユーザーと共有したり、自分のWebサイトに埋め込んだりするためのスコアURLを得られます。

これらのスコアは、Webブラウザを備えた任意のデバイスで利用可能で、どこからでもスコアを再生できます。

Sibelius for mobileの開発により、まったく新たな方法で他の人と繋がる必要性を感じました。そのため、スコアURLの受信者がスコアビュー内で直接スコアをダウンロードしたり、印刷したりできるようにするSibelius Cloud Sharing(クラウド共有)の拡張機能を発表しました。Windows、Mac、iPad、そして今ではiPhoneでも、無料のアプリケーションを使用して音楽の作業とアレンジを行うことができます。

 

スコアのダウンロードと印刷

新機能を有効にするには、まずデスクトップのSibeliusにあるSibelius Cloud Sharingダッシュボードを開きます。

ダッシュボードに、共有したすべてのスコアのリストと、各スコアの新しい[設定]リンクが表示されます。[Share(共有)]をクリックすると、スコアURLが表示されます。

 

[Settings(設定)]をクリックすると、そのスコアのオプションが開きます。

「Printable(印刷可能)」と「Downloadable(ダウンロード可能)」をクリックすると、共有スコアにすぐに反映され、ブラウザで表示すると、ツールバー上の左から2つのボタンが有効になっています。

[印刷] ボタンをクリックすると、スコアがプリンターに送信されます。プリンター設定ダイアログで余白、ヘッダー、フッターが追加されている場合は、これらをオフにして、スコアがページ全体に表示されるようにしてください。

[ダウンロード] ボタンをクリックすると、スコアがダウンロード・フォルダー(ブラウザの設定によって異なります)にダウンロードされ、そこからファイルを直接開くことができます。スコアをダウンロードする人がSibeliusを持っていない場合でも問題ありません。SibeliusはWindows、Mac、iPad、iPhoneで、無料でご利用いただけます。そのため、誰でもスコアをダウンロード、レビュー、編集することができます。

 

重要:オンラインで共有する音楽を保護するために、印刷とダウンロードの新しいオプションがデフォルトではオフになるように設計されていることに注意してください。つまり、Sibelius Cloud Sharingのダッシュボードにアクセスしてオンにしないと、スコアをダウンロードしたり印刷したりすることはできません。

Sibelius for mobile — iPhoneおよびiPod touchデバイスをサポートするようになりました

Sibelius for mobileの最新リリースを発表できることを嬉しく思います。これにより、Sibelius for mobileの全機能がiPhoneやiPod touchデバイスに新たにもたらされます。そうです、SibeliusとSibeliusファイルの全てのライブラリをポケットに入れて持ち運ぶことができます。これは、ファイルを見るためだけのものでも、新しいiPadアプリの簡易版でもありません。小さい画面のデバイス向けに完全に最適化されたモバイル・アプリ向けのSibeliusです。iOS13.4バージョン以降のiPhoneまたはiPod touchをお持ちの場合は、今すぐApp Storeにアクセスして、アプリを無料で取得できます。

ダイナミックなUI、小さな画面に最適化

上から下へ、左から右に、Sibelius for mobileインターフェース全体を確認し、さまざまなサイズのiPhoneやiPod touchデバイスなどの小さな画面で、すべてが完璧に収まるようにしました。Sibelius for mobileは、縦向きと横向きの両方で表示することができます。これは、現在利用可能なデバイスと将来利用できるデバイスを含む、可能な限り幅広いデバイスのサポートを見据えて開発しました。

iPadアプリをまだチェックしていない場合は、こちらのブログで詳細を確認できます。iPadでSibelius for mobileをすでに使用している場合は、いくつかの例外を除いて、特許出願中の新しいタッチ・ジェスチャを含む全く同じ機能をiOSデバイスでもご利用できるようになりました!例外は、主にiOSとiPadOSの違い、つまりPencilのサポートとマルチタスクがないことに起因します。タッチ・スクリーンの音符入力を再考するとき、指を1回スワイプするだけで実行できる最高の音符入力体験を開発することに力を入れました。小さいタッチ・スクリーンでは、音符の入力がさらに簡単になると思われます。

パノラマ

iPadをお持ちでiPhoneをお持ちでない場合でも、心配する必要はありません。このリリースには多くの改善点があります。1つ目は、パノラマモードです。これは、Shift + Pキーボード・ショートカット、またはコマンド検索で「パノラマ」と検索することでアクセスできます。パノラマモードは、レイアウトを気にせずにすばやく音符を入力するのに最適で、デスクトップ版Sibeliusとまったく同じように機能します。上級ユーザーの場合は、パノラマモードの使用と「譜表にフォーカス」コマンドを組み合わせて、譜表の一部のみをパノラマモードで表示させることもできます。

保存状態の確認

最初のSibelius for mobileリリースでは、ファイルの保存状態は上部のツールバーのファイル名で示されていました(例:太字=すべての変更が保存された状態、太字以外=変更が未保存の状態)。縦向きの小さな画面では、現在のファイルの名前を表示するのに十分なスペースがないため、保存状態を示す別の方法を追加しました。新しいリリースでは、「戻る」ボタンの色の濃度によって、スコアに未保存の変更があるかどうか確認できるようになりました。(iPadではファイル名、「戻る」ボタンの両方で保存状態を確認できます。)

日本語

このリリースでは、可能な限り多くの言語で新しいSibelius for mobileアプリを提供するための取り組みを継続しており、新しいバージョンが日本語に翻訳されていることをお知らせします。 デバイスで設定されているデフォルトの言語以外の言語でSibelius for mobileを実行するには、[設定]アプリから[Sibelius]タブ内で、目的の言語を選択します。

その他の改善点

  • 他のタイプのオーディオ・アプリと同様に、「Sibelius for mobile」はデバイスのサイレント・モード設定を無視するようになりました。サイドのスイッチもしくはオンスクリーン・スイッチでオン/オフどちらの設定にしていても再生されます。音を再生せずにスコアを作成したい場合は、デバイスの音量を完全に下げてください。
  • Guitarタブ音符入力や、キーパッドのドラッグ・ジェスチャで最初の音符を入力する機能など、いくつかの問題を修正しました。
  • ファゴットとコントラ・ファゴットのサンプルが更新され、適切に再生されるようになりました。
  • Sibelius for mobileは、他のシステム・プロセスからのオーディオの中断を適切に処理するようになりました。
  • そして最後に、長年のユーザー・リクエストとして:アーティキュレーションを含む既存の音符に、(キーボード・ショートカット、新しいコードツール、マウス入力などを介して)音符を追加するときに、Sibelius for mobileは既存のアーティキュレーションを削除しなくなりました(キーパッドで指定された新しいアーティキュレーションを除く)。

 

 

スコアを共有する新しい方法と、SibeliusがiPhoneで利用できることで、外出先でも気軽に作業を行うことができるようになることを願っています。Sibeliusチームは、既にSibelius for mobileの次のリリースに取り掛かっており、コードベースの範囲をさらに拡大できるように取り組んでいます。新たなエキサイティングな発表をお待ちください!

© 2021 AVID TECHNOLOGY, INC. ALL RIGHTS RESERVED. AVID、AVIDのロゴ、AVID EVERYWHERE、INEWS、INTERPLAY、ISIS、AIRSPEED、MEDIACENTRAL、MEDIA COMPOSER、AVID NEXIS、PRO TOOLS、SIBELIUSは、米国とその他の国またはそのいずれかにおけるAVID TECHNOLOGY, INC.またはその子会社の商標または登録商標です。「INTERPLAY」の名称は、INTERPLAY ENTERTAINMENT CORP.の許可に基づいて使用しています。INTERPLAY ENTERTAINMENT CORP.は、AVID製品に関していかなる責務も負いません。その他の商標はすべて、各社が所有権を有します。製品の機能、仕様、システム要件および販売形態は予告なく変更されることがあります。

Sibeliusで自身を表現

ベストセラーの楽譜作成ソフトで、より美しく魅力的なスコアを素早く簡単に作成

Avidのシニア・プロダクト・マネージャとして、設計、開発、営業、マーケティング、法務、グローバル・サービスチームと協力しあって、未来に向けてSibelius製品およびソリューションを作っています。