Sibelius for mobile 2022.4 新機能

By in 記譜
image_pdfimage_print

Sibelius for mobile4月のリリースへようこそ。

Sibelius for mobileを最初にリリースしてから9か月が経ちました。その間、フィードバックに基づいてアプリを進化させ、新しい機能や改善を加えて成長させてきました。その中でも特にリクエストが多かった、スペイン語対応と移調の機能が含まれた2022.4アップデートが、今日AppStoreで入手可能になりました。詳細は、以下です。

 

Sibelius for mobileは、デスクトップ版 Sibeliusのモバイル版無料アプリで、初めて使用する場合はiPhoneiPadの両方でAppleのAppStoreからダウンロードできます。これは、Sibelius | Firstで起動します。1か月の試用版を開始するか、デスクトップ版 Sibeliusを既にインストールしている場合は、アカウントでサインインすることで、アプリ内のより多くの機能のロックを解除できます。デスクトップ版 Sibeliusの有効なサブスクリプションまたはサポートプランをお持ちの場合は、追加費用なしでモバイルアプリ内の機能のロックを解除できます。機能のリストについては、比較表を参照してください。

 

このリリースの新機能について:

Sibelius for mobileのアップデートのリリースを発表できることを嬉しく思います。このリリースには、新機能、スコアの改善、および多くのバグ修正が含まれます。

 

移調

新しい移調機能は、[詳細(…)] ドロップダウン・メニューにあります。スコアがレビューモードでロックされている場合、この移調オプションはメニューから非表示になります( [ドキュメントの設定]も 同様)。デスクトップ版 Sibeliusと同様に、新しい移調メニューでは、スコア上での選択範囲、またはスコア全体( [移調] メニューを開く前に選択がない場合)を移調することができます。キーまたは音程ごとに移調することができ、それぞれピッチを上または下のどちらに移調するか選択できます。

移調を設定するには、スピン・コントロールを上下にスワイプして、キーまたは音程を設定し、上または下のどちらに移調するか設定します。

 

デスクトップ版 Sibeliusと同様に、システム選択(紫色)が行われた移調は、スコアに新しい調号を追加します(無調/調号なしの場合を除く)が、パッセージ選択(青色)は、 現在の調号を維持したまま音符を移調します。キーごと、音程ごとの移調の両方で、この動作が適用されます。移調メニューには、Shift + Tショートカットを使用して直接アクセスできます(デスクトップ版と同様)。

 

また、移調メニュー内に「移調スコア」オプションもあり、コンサートピッチと移調スコアを切り替えることができます。この機能は、SibeliusSibelius | Ultimateの両方で使用できます。

表記の改善

先月のリリースで、デスクトップ版 Sibeliusに新しい譜面用紙が追加されており、モバイル版にも導入しました。新しいスコアを作成する際に開くファイル・ブラウザから、これらにアクセスできます。

 

また、特定の種類のラインを配置する際の、デフォルトの位置を改善しています。新しいアップデートには、ペダル線の改善と、3月リリースのオクターブ線の改善が導入されています。 これらは(次の小節やシステムまでのびることなく)小節の終わりでラインが切れるようになったため、以前のように正しい位置に動かす必要がなくなりました。以下の例で、改善前と後の違いをご確認ください。

この変更は、これらのラインをスコアに追加する場合に適用するため、既存のスコアは以前と同じように表示されますが、既存のスコアにも新しく間隔が空いたラインを追加できます。

 

スペイン語

Sibelius for mobileがスペイン語も対応になり、スペイン語を話すユーザーにiPhoneiPadのアプリを提供できるようになりました!
入門チュートリアル、アプリ内サインイン・ページ、メニュー、ドロップダウンなどはすべてスペイン語に翻訳されています。

バグの修正

毎回のリリースと同様、多くのバグを修正することを目指しており、このアップデートも例外ではありません:

 

  • Appleペンシルの傾きのジェスチャを使用すると、臨時記号の音符の影をもう一度見ることができます。
  • 音符の影の符頭が、パーカッション譜表のスコアに入力されている音符と一致するようになりました。
  • Sibelius for mobileのiCloud機能を(Apple設定アプリから)有効/無効にできるようになりました。アプリの更新後に、複数の「Sibelius」フォルダが作成されることがなくなりました。
  • オクターブ変更後のダイナミック・パートで、異名同音の変化が起きなくなりました。
  • 大譜表ラインが、列で整列行で整列に対応するようになりました。
  • 声部を変更するときにZトレモロが保持されるようになりました(これにより、12に含まれるトレモロ修正に含まれる長年のバグが修正されます)。
  • 休符に追加されたアーティキュレーション(フェルマータなど)を削除するときに、休符が一緒に削除されなくなりました。

 

以上です! Sibelius for mobileをご利用いただき、ありがとうございます。Twitter@AvidSibeliusおよびFacebookからご意見をお寄せください。

What’s New in Siblius & Sibelius for mobile
2022.3 – 2022.4 日本語版

Sibelius for mobile
2022.4 日本語ガイド

© 2022 AVID TECHNOLOGY, INC. ALL RIGHTS RESERVED. AVID、AVIDのロゴ、AVID EVERYWHERE、INEWS、INTERPLAY、ISIS、AIRSPEED、MEDIACENTRAL、MEDIA COMPOSER、AVID NEXIS、PRO TOOLS、SIBELIUSは、米国とその他の国またはそのいずれかにおけるAVID TECHNOLOGY, INC.またはその子会社の商標または登録商標です。「INTERPLAY」の名称は、INTERPLAY ENTERTAINMENT CORP.の許可に基づいて使用しています。INTERPLAY ENTERTAINMENT CORP.は、AVID製品に関していかなる責務も負いません。 その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。 製品の機能、仕様、システム要件および販売形態は予告なく変更されることがあります。

Sibeliusで自身を表現

ベストセラーの楽譜作成ソフトで、より美しく魅力的なスコアを素早く簡単に作成

Avidのシニア・プロダクト・マネージャとして、設計、開発、営業、マーケティング、法務、グローバル・サービスチームと協力しあって、未来に向けてSibelius製品およびソリューションを作っています。