Sibelius for mobile 2022.1 新機能

By in 記譜
image_pdfimage_print

Sibelius for mobileアプリのアップデートが1月にリリースされました。最初にこのアプリをリリースしてから6か月が経ちました。その間、ユーザーの皆さんのフィードバックに基づいてアプリを根本的に進化させることができました。本日、Sibelius for mobileアプリに、最も要望の多かったダイナミック・パートが追加されたことをお知らせします。2022.1アップデートはApp Storeからダウンロードできます。以下、詳細についてご紹介いたします。

 

Sibelius for mobileアプリは、デスクトップ版Sibeliusの無料アプリで、iPhoneとiPadの両方でAppleのApp Storeからダウンロードできます。最初はSibelius|Firstで起動しますが、アプリ内のより多くの機能のロックを解除するには、1か月間の試用版を利用するか、デスクトップ版Sibeliusをお持ちの場合は、アカウントにサインインすることで、解除できます。デスクトップ版Sibeliusで有効なサブスクリプションまたはサポートプランをお持ちの場合は、追加費用なしでSibelius for mobileアプリ内の機能のロックを解除できます。バージョンごとの機能のリストについては、こちらの比較表を参照してください。

 

このリリースの新機能について:

ダイナミック・パートがモバイル版に登場

iPadとiPhoneでのSibelius for mobileアプリにおいて、待望の機能であるダイナミック・パートが登場しました。ダイナミック・パートの全機能がSibelius for mobileアプリに導入されたため、デスクトップ版と同じ高性能のカスタマイズと機能に加えて、全く新しいユーザー・エクスペリエンスを期待できます。

 

パート譜の表示

無料版のSibelius|Firstを含めた、Sibelius for mobileアプリのどのバージョンでもダイナミック・パートを表示できます。この機能により、Sibeliusファイルを開いて、スコアだけでなく、ファイルに含まれるすべてのパート譜も見ることができます。アンサンブルのスコアを作成している場合は、演奏者全員に同じSibeliusファイルを送信すると、全員がそのファイルを開いて特定のパート譜を表示することができます。受け手は、サブスクリプションの登録の必要はなく、また、無料アカウントに登録する必要もありません。iPadまたはiPhoneに無料のSibelius for mobileアプリをダウンロードして、Sibeliusファイルを開くだけです!

 

Sibelius for mobileアプリでは、デスクトップ版Sibeliusとまったく同じ方法でパート譜にアクセスできます。[詳細] アイコン (「ロック」アイコンの左隣) をタッチして [スコア/パート譜] を選択、[コマンド検索] でパート譜に関するコマンドを検索、またはキーボード・ショートカットを使用して、パート譜機能にアクセスします。

デスクトップ版Sibeliusでパート譜を操作することに慣れているユーザーのために、モバイル版に次の便利なコマンドを導入しました。

  • 次のパート譜 : Command + Option + ` (アクセント)
  • 前のパート譜 : Command + Option + Shift + ` (アクセント)
  • フルスコアとパート譜の切り替え : W

 

パート譜関連のコマンドは、[コマンド検索] ウィンドウのコマンドの新しいサブグループ内にあります。レビュー・モード(スコアがロックされている状態など)で作業している場合は、上記のショートカットを使用してコマンドを直接呼び出すことができます。デスクトップ版Sibeliusと同様に、[W]ショートカットはフルスコアと最後に開いたパート譜を切り替えるため、スコアとパート譜を切り替える前に常に何かを選択する必要はありません。

 

パート譜を操作するジェスチャ

パート譜を操作するためのデスクトップ版と同じユーザー・エクスペリエンス(UX)をモバイル版に導入するだけでなく、まったく新しいものも追加しました。タッチ・スクリーン・インターフェース用に特別に設計されたパート譜を操作するジェスチャをご紹介します。これらのジェスチャにより、ユーザーは1度のタッチ・ジェスチャでSibeliusファイル内の任意のパート譜にアクセスできます。やり方は次のとおりです。

  1. 上部ツールバー上のスコア名を長押しします
  2. 左または右にドラッグして、フルスコアとパート譜を順番に表示させます
  3. 目的のパート譜が表示されたら画面から指またはApple Pencilなどを離します

 

以上です!この新しいパート譜を操作するジェスチャにより、利用可能なすべてのパート譜をスクロールして素早く表示することができます。フルスコアは常に左端にあります(フルスコアにすばやく戻ることができます)。Apple Pencil、外部マウス、または指を使用して、このジェスチャを実行できます。

特定のパート譜を表示したら、[再生] ボタンをタップしてそのパート譜を再生できます。 画面に表示されているパート譜のみが再生されます。さらに、[詳細] メニューの [印刷] オプションを使用して、任意のパート譜を印刷することもできます。これらの機能はどなたもすべて無料でご利用いただけます。ログインの必要はありません!

 

パート譜の編集

デスクトップ版Sibeliusと同様に、パート譜は自動的にレイアウトされ、フルスコアにリンクされているため、パート譜に加えられた変更はスコアに反映され、その逆も同様です。音符、テキスト、ライン、その他のオブジェクトはスコアとパート譜の両方に反映されますが、これにはいくつかの例外があります。

  • 譜表オブジェクト(強弱記号を含む発想テキスト、ヘアピン、臨時記号など)がパート譜で移動されている場合は、オレンジ色で表示されます。
  • パート譜で反転またはキュー・サイズにされた音符はオレンジ色で表示されます。
  • パート譜に表示されているものの、スコアでは隠れている(または存在しない)オブジェクト、またはその逆のオブジェクトはオレンジ色で表示されます。
  • パート譜に異名同音で入力された音符は、スコアでオレンジ色に表示されます(Sibelius | Ultimateのみ)。

 

これにより、フルスコアに影響を与えることなく、パート譜をレイアウトできます。パート譜のカスタマイズをリセットする(もう一度スコアと一致させる)ために、デスクトップ版Sibeliusから次のコマンドも導入しました。これらのコマンドには、[コマンド検索] またはショートカットからアクセスできます。

  • スコアのデザインにリセット : Command + Option +Shift + D
  • スコアの位置にリセット : Command + Option +Shift + P

 

ページサイズとページの向きの変更は、各パート譜単独の設定であることに注意してください。これらは、[詳細] メニュー内の [ドキュメントの設定] 機能から設定できます。 移調楽器のパート譜(ホルンはF、クラリネットはBbなど)も自動的に移調されるので、移調に関する設定についても心配する必要はありません。

キーパッドの移動

これまでは、キーパッドの位置は2箇所にしか配置できませんでした。これからは、画面上の任意の場所に移動できます。キーパッド・ボタンを長押しして、好きな場所にドラッグするだけです。

検索アルゴリズムの改善点

このリリースでの最後の変更点は、アプリ全体で使用される検索アルゴリズムを改善した点です。Sibelius for mobileアプリはクエリ(要求)をトークン化する(データに置き換える)ことで、[作成] メニューと [コマンド検索] の両方でより良い検索結果を提供するようになりました。コマンドを検索したり、スコアにアイテムを追加したりするために、正確な名称を入力する必要がなくなりました。この変更により、新しいユーザーにとってアプリが使いやすくなり、既存のユーザーにとっては、デスクトップ版とモバイル版のSibelius間ですでに共有されている多数の機能が見つけやすくなります。

 

過去6か月間で、Sibelius for mobileアプリにiPhoneバージョンや、USBおよびBluetooth MIDI入力、また、まったく新しいパーカッション音符入力ジェスチャを導入しました。開発チームの奮闘により、2022年はこれまでで最も果敢な年になるでしょう。チームは、今後数か月の改善を楽しみにしています。デスクトップ版とモバイル版の両方の定期的なリリースとアップデートにご期待ください。

© 2022 AVID TECHNOLOGY, INC. ALL RIGHTS RESERVED. AVID、AVIDのロゴ、AVID EVERYWHERE、INEWS、INTERPLAY、ISIS、AIRSPEED、MEDIACENTRAL、MEDIA COMPOSER、AVID NEXIS、PRO TOOLS、SIBELIUSは、米国とその他の国またはそのいずれかにおけるAVID TECHNOLOGY, INC.またはその子会社の商標または登録商標です。「INTERPLAY」の名称は、INTERPLAY ENTERTAINMENT CORP.の許可に基づいて使用しています。INTERPLAY ENTERTAINMENT CORP.は、AVID製品に関していかなる責務も負いません。 その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。 製品の機能、仕様、システム要件および販売形態は予告なく変更されることがあります。

Sibeliusで自身を表現

ベストセラーの楽譜作成ソフトで、より美しく魅力的なスコアを素早く簡単に作成

Avidのシニア・プロダクト・マネージャとして、設計、開発、営業、マーケティング、法務、グローバル・サービスチームと協力しあって、未来に向けてSibelius製品およびソリューションを作っています。