ネイティブ vs. DSP プラグイン : ミュージック・プロデューサー・ガイド

By in オーディオ, 音楽制作

プラグインは音楽制作に革命をもたらし、コンピュータ・システムがそのタスクに対応している限り、クリエイティブの可能性は無限大です。より多くのクリエイティブなオプションは、ネイティブとDSPプラグインのどちらを使用するかなど、より多くの決定をすることを意味します。違いは簡単で、ネイティブ・プラグインはコンピュータのCPUで処理されるのに対し、DSPプラグインは専用のハードウェアで処理されます。

しかし、いつネイティブ・プラグインを使うべきで、いつDSPを使うのがベストなのでしょうか?その答えを出すためには、各アーキテクチャーの内部で何が起こっているのかを知ることから始めなければなりません。

負荷を共有する:ネイティブ vs. DSPプラグイン

ネイティブ・プラグインとは?

ネイティブ・プラグインは、コンピュータのCPUのみで動作します。使用しているDAWに特化してコーディングされているものもあれば、様々なアプリケーションで動作するように開発されているものもあります。多くのプロデューサーは、ネイティブ・プラグインなしではどうしようもないほどのお気に入りのネイティブ・プラグインを持っています。DAWのネイティブ・プラグインのコレクションは、追加のハードウェアを持ち歩かずに外出先でも使用でき、プロジェクトの規模によっては必要なすべてのサウンドが含まれていることさえあります。

しかし、ネイティブ・プラグインを使用すると、処理負荷が増大し、システムの速度が低下したり、レコーディングのレイテンシーが高くなったり、プロセッサがオーバー・ロードしたりすることに気づくかもしれません。お使いの CPU パワーにもよりますが、コンピュータが停止して再生や録音が停止する前に、ネイティブ・プラグインを実行できる数の限界に達してしまうことがあります。その場合、オーディオにレンダリングされたプラグインのトラックをフリーズさせたり、バウンスさせたりするか、セッションのプラグインの数を減らす必要があります。

 

DSPプラグインとは何ですか?

DSPはデジタル・シグナル・プロセッサの略で、その名が示すように、DSPパワーによるプラグインは、コンピュータのCPUとは別のプロセッサで動作します:専用のアクセラレータ・カードやオーディオ・インターフェースに独自の処理チップを搭載したものです。これらのDSPチップは、オーディオ信号を処理するために最適化されており、より大規模で複雑なプロジェクトを可能にします。

DSPプラグインとの明らかなトレード・オフは、DSPプラグインが提供する機能を利用するためには、ハードウェアに投資する必要があるということです。

 

DSPデバイスとは何ですか?

DSPユニットにはいくつかの形態があります。コンピュータのPCIeスロットに直接インストールできるアクセラレータ・カード、外部エンクロージャーにマウントされたPCIeカード、Thunderbolt経由でコンピュータに接続するDSP専用デバイス、または入力、出力、信号処理のためのオール・イン・ワン・ソリューションとして機能するオーディオ・インターフェース内のDSPユニットです。DSP ハードウェア・デバイスには、デバイス内の処理チップを使用して動作するように設計されたプラグインがバンドルされています。

いくつかの DSP バンドルは、カードとインターフェースを備えており、最大の柔軟性と処理能力を提供し、大規模なプロのプロジェクトに対応します。どのような形であれ、DSPの目的は、プラグインの処理負荷の一部を引き継ぎ、CPUを解放することです。レコーディング用コンピュータをアップグレードする場合は、カードを再インストールするか、新しいコンピュータにDSPインターフェースを接続するだけで、簡単にDSPユニットを移し替えすることもできます。

DSPが正しい動きをするのはいつですか?

レコーディング・レーテンシーを短縮

レコーディング・セットアップにDSPテクノロジーを使用すると、複雑なDSPプラグイン・チェーンを介して、1ミリ秒以下という極めて低いレイテンシーでレコーディングとモニターを行うことができます。多くのDSPユニットに搭載されているプラグインは、クラシックなハードウェア・ギアをライセンスしたエミュレート機能も備えており、レコーディングやミキシングにクリエイティブなツールを提供してくれます。一般的にDAWでは、ドライ信号を録音するか、DSPプラグインのエフェクトをトラックにリアルタイムで出力して録音するかを選択することができます。

プラグインを使ってレコーディングする場合、DSPテクノロジーはレコーディングのレイテンシーを低下させます。ネイティブ・プラグインで同様の結果を得るには、通常、DAW側でエフェクト処理をバイパスするモード(ロー・レイテンシー・モニター・モードと呼ばれるケースが多いようです)を使用する必要があります。これは機能しますが、トラッキング中に全てのエフェクト処理された信号を完全に聞くことは出来ず、レコーディング中は、その該当トラックのプラグイン・エフェクト無しでモニターすることになります。

録音された信号に影響を与えるレイテンシーの量は、CPUの能力がレイテンシーを最小限に抑えるために必要な低いバッファー設定で動作するかに直接関係しています。CPU が追いつけない場合、クリック音やポップ音、歪みなどの音が発生します。バッファーを可能な限り低く設定することと、CPUがグリッチなしですべてのオーディオ処理するのに十分な時間を与えることの間には、常にトレードオフの関係があります。

マルチ・コア・プロセッサと最新のインターフェースを搭載した最新のハイエンド・コンピュータでは、32サンプルのバッファー設定で録音することができ、レイテンシーは数ミリ秒程度です。しかし、トラック数の増加とともに、そのバッファー設定を維持する事が難しくなり、さらに言うと、そもそも多くのインディペンデントやホーム・スタジオをベースにしたプロデューサーやミュージシャンにとって、最新かつ最高のレコーディング・コンピュータが必ずしも選択肢になるわけではありません。DSPは、プラグイン処理に利用できるリソースを増やすための柔軟で予算に優しい方法を提供することができます。

 

ミキシング・プロセスの効率化

DSPはミキシングにも非常に役立ちます。例えば、リード・ボーカル、3つのバッキング・ボーカル・トラック、左右にダブル・トラックされた2つのリズム・ギター、リード・ギター・トラック、ベース・トラック、ライブ・ドラム、さらに各チャンネルにEQとダイナミクス処理を加えたロック・ソング・セッションがある場合、CPUの需要はあっという間に増えてしまいます。その後、ソフトウェア・シンセ・パーツ、ドラム・サンプル・エンハンスメント、ボーカル・チューニングとエフェクト、リバーブとディレイ、アナログ信号のエミュレーション(コンソール・モデリングやテープ・エフェクトなど)、ミックス処理プラグインをマスター・バスに追加すると、CPUメーターが最大になり、処理能力に余裕がなくなってしまうかもしれません。

停止してトラックをフリーズさせたり、所定の位置にバウンスさせたりすることはできますが、レコーディングやミキシング・ゾーンで創造的な波に乗るのではなく、技術的な問題と格闘するために停止してしまうことになります。DSPカードやインターフェースがあれば、すべてのトラックのEQ、ダイナミクス処理、アナログ・エミュレーション・プラグインをDSPユニットにオフ・ロードするようにプロジェクトを簡単に設定することができます。これにより、バーチャル・インストゥルメントやネイティブ・エフェクト、バス・プロセッシングの追加など、トラックが必要とするものを何でも追加することができるようになります。

 

選ぶ必要はありません

DSPを搭載したプラグインを使ったからといって、ネイティブ・プラグインを完全に放棄すべきというわけではありません。DSPテクノロジーの真の力は、どちらか一方だけに頼るのではなく、ネイティブ・プラグインとDSP搭載プラグインの両方のメリットを最大限に活用できることです。CPUに依存せずに追加のプラグインを実行できるだけでなく、余分なリソースを解放してより多くのネイティブ・プラグインを実行するのにも役立ちます。

ワークフローにDSPを組み込むことを考えているのであれば、オーディオ・インターフェースとDSPを組み合わせたオール・イン・ワン・ユニットが最適です。Pro Tools | Carbonのようなユニットでは、同じプラグインのネイティブ・バージョンとDSPバージョンを切り替えることができるので、どんなレコーディングやミキシングの状況にも簡単に対応できます。例えば、あなたがDSPを搭載したプラグインを使いたいが、新しい協力者がネイティブ・バージョンしか持っていない場合、彼らのプラグイン環境に切り替えることができます。

DSPとネイティブ・プラグインのどちらか一方を選ぶのではなく、DSPは補完的なワークフローの強化であり、音楽制作の能力を全体的に向上させます。ネイティブ・プラグインは、プロデューサーのツール・キットの中で非常に重要な部分ですが、性能面にさらなるパワーが必要だと感じたら、DSPを検討してみましょう。

 

輝きを捉えるための新たなツール

AAX DSPプラグインを使用可能な、新しいタイプのオーディオ・インターフェイスPro Tools | Carbon。これにより、使用するコンピュータのパワーを限界まで使用し、ミックスやレコーディングを行う事ができます。

 

参考情報:
プラットフォームの進化 : エンジニアから見たAAX

 

Pro Tools | Carbon

アーティスト、バンド、プロデューサーに最適な高品位オーディオ・インターフェースです。

A musician and graphic designer, James freelances from his home studio on a range of audio and creative projects.