新しい視聴者を奮い立たせる–放送局がスポーツを使用してより多様な視聴者にリーチする方法

By in ビデオ, 報道
image_pdfimage_print

インスピレーション。モチベーション。エモーション。これらの言葉はすべて、最近の東京での試合におけるアスリートのパフォーマンスに簡単に適用できます。

人生を掛けて一生懸命にトレーニングし、最高の状態に到達し、本当に重要なタイミングにベストを尽くす競技者を見ることで、日本の東京やその他の会場都市を通して、素晴らしい光景がもたらされました。

これらの成果は、権利を保有する放送局(多くはAvidの顧客)によって世界中に伝えられ、ニュースレポートやソーシャルメディアによる共有を通じてさらに増幅されました。

BBCスポーツ向けにインストールされたDock 10

しかし、夏季オリンピックが参加者において世界最大のスポーツイベントである場合、同じ基準で考えると、世界で2番目に大きいスポーツイベントが東京で始まろうとしていることに気づきましたか?そして、過去数週間のイベントが感動的であったと感じた場合は、8月24日から、おそらくさらにモチベーションを上げる別のイベントが開催されます。そのイベントはパラリンピックです。

2012年に英国で開催されたパラリンピックにおける興奮は、それ以前のゲームの成功に基づいて構築され、イベントのための完全なスタジアムと、報道のための大勢の観客をもたらしました。その熱狂は、Channel 4によるテレビ、印刷物、看板にまたがる大規模な広告キャンペーンによって特徴づけられています。そしてもちろん、今年はスタジアム内の観客はいないので、このイベントは純粋に放送とオンラインの視聴者のためのものになります。

カナダでは、カナダパラリンピック委員会と共同で活動するメディアコンソーシアムによって、これまで以上に多くの報道が提供されるでしょう。CBC/Radio Canadaが主導し、AMI、Sportsnet、デジタルパートナーのTwitter、Facebook、MXZNも組み込まれています。

しかし、すべての放送局がそれほど熱狂的であるわけではなく、多くの国での報道は夏季オリンピックで提供される報道量のほんの一部にすぎません。これは、競合他社のパラリンピック報道に対する観客の反応が、東京のアスリートに対するものよりもさらに強くなる可能性があるという事実を否定するものです。

多くの放送局は、現在番組のリーチを拡大するために懸命に取り組んでいます。評価は明らかに重要な指標ですが、特に多くの公共放送局にとって、重要な指標はリーチです。パラリンピックをカバーする世界中のAvidの顧客は、いくつかの信じられないようなスポーツパフォーマンスのためのプラットフォームを提供しているだけでなく、十分なサービスを受けていない聴衆の一部に、彼らの魅力を広げています。そしてそれは、今度は、スポーツイベントに新しいタイプの視聴者を提供するという、商業的利益を増やすことができます。

ダイバーシティと多様性は、最近の重要な指標です。22種類のスポーツで競うこれらのアスリートの驚くべき成果を紹介することで、放送局がリーチを拡大して強力な視聴率と商業的成功をもたらす方法の完璧な例を提供します。

© 2021 Avid Technology, Inc. All rights reserved. Avid、Avidのロゴ、Avid Everywhere、iNEWS、Interplay、ISIS、AirSpeed、MediaCentral、Media Composer、Avid NEXIS、Pro Tools、Sibeliusは、米国とその他の国またはそのいずれかにおけるAvid Technology, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。「Interplay 」の名称は、Interplay Entertainment Corp.の許可に基づいて使用しています。INTERPLAY ENTERTAINMENT CORP.は、Avid製品に関していかなる責務も負いません。その他の商標はすべて、各社が所有権を有します。製品の機能、仕様、システム要件および販売形態は予告なく変更されることがあります。

MediaCentral

MediaCentralは、2人のチームでも数千人の組織でも、またはその中間のどんな規模の組織でもワークフローを加速し、ポスト・プロダクション、ニュース、スポーツ、アセット管理のための最も単純なソリューションから最も洗練されたソリューションに拡張します。

As a member of the Avid’s EMEA Solutions Design Team I travel. A lot. The day job? Helping customers deliver new workflows enabled by Avid Everywhere and the Avid Media Central Platform.