Pro Tools 2021.6 新機能について

By in オーディオ, 音楽制作

日本時間2021/6/25未明、Pro Toolsの新しいバージョンPro Tools 2021.6がリリースされました。

Pro Tools 2021.6の主な新機能ならびに改善点は以下となります。

 

HDX上でハイブリッド・エンジン機能を実現(Pro Tools | Ultimateのみ)

DSPとCPUネイティブの両方の特徴を生かし、レコーディングや空間オーディオ・ミックス時により多くのパワーと効率性をもたらすハイブリッド・エンジン機能がHDXに対応となりました。この特許取得テクノロジーの搭載によりHDXシステムは、史上最もパワフルなPro Toolsシステムへと生まれ変わり、HDXカード一枚であっても、これまでより遥かに大規模なセッションをスムースに扱うことが可能となることで、空間オーディオ作品のミックスも自由に行えるようになります。また、ハイブリッド・エンジン下では、トラック毎にネイティブ・モードとDSPモードを切り替えることができるので、レコーディング時に不快なモニター・レイテンシー(遅延)をボタン一つで取り除くことが可能です。

HDX対応ハイブリッド・エンジンに関する詳細は、以下の2つのブログをご参照ください。

より多くのI/O、トラックおよびボイスを確保 (Pro Tools およびPro Tools | Ultimate)

Pro Tools およびPro Tools | Ultimateは、最大64チャンネル入出力対応となりました(これまでは最大32ch)。Pro Toolsは、全サンプルレイトで最大256モノ/ステレオ・オーディオ・トラックに対応(これまでは48kHz時128トラック)となり、Pro Tools | Ultimateは、最大2,048ボイス/トラックを全サンプルレイトでカバー可能となります(これまでの5倍以上)。これにより、任意のCore Audioオーディオ・インターフェースを使用し、より多くの外部機器を接続しながら、より大規模なセッションで作業することも可能となります。

Pro Tools | Ultimate 2021.6上のボイス数(HDX Hybrid Engine使用時)

M1ベースMac での動作が可能に!(全てのPro Tools)

Pro Tools 2021.6では、Pro Tools | First、Pro Tools およびPro Tools | Ultimateの各ソフトウエアが、AppleのM1プロセッサー搭載Macで動作することが可能となりました。

全Pro Tools、Pro Tools 2021.6ソフトウエアおよびそこに含まれるAvidプラグイン、さらには、その上で動作するAvid コントロール・サーフェスは、Rosetta を介してM1ベースMacコンピュータ上のmacOS Big Surに対応しています。

 

ご注意:

  • Avid ビデオ・エンジンは、現時点ではApple silicon (M1)に正式対応していません。
  • Pro Tools | HDX、HD NativeおよびDADMan software (MTRX & MTRX Studio)は、Apple silicon (M1)に正式対応していません。
  • ソフトウエアをアップデートする前に、お使いのサードパーティー製プラグイン、その他のプログラムが正式にApple silicon (M1)に対応していることを確認してください。

macOS Big Sur対応状況並びにその他のPro Tools動作要件に関しては、以下のリンク先よりご確認ください。

macOS 11 (Big Sur) と Avid 製品の対応状況

Pro Tools システム要件

 

ダークおよびクラシックUIテーマのカスタマイズ(Pro Tools およびPro Tools | Ultimate)

Pro Tools 2021.6では、ユーザー・インターフェースの色や明度を自由に変更可能となり、お好みの設定をプリセットとして保存し、いつでも呼び出すことができるようになりました。さらに、Pro Toolsの再起動無しで、ダーク・テーマとクラシック・テーマの切り替えも可能となりました。

UIカスタマイズ

H.265/HEVC ビデオ (Pro Tools | Ultimate のみ)

低ビットレートでより高品位な映像を実現できるため、映像クリエイター間で人気の高いH.265/HEVC (High Efficiency Video Coding)に対応しました。Pro Tools | Ultimateを使い、このH.265ビデオ・コーデックでのサウンド・プロジェクト作業が可能となり、インポート/エクスポートにも対応しています。

 

その他のビデオ機能強化:

  • DNxHD, DNxHRおよびApple ProRes 時のMOVファイルへの「ソースと同じバウンス」
  • MOVファイル内AACエクスポート
  • バウンス時のQuick Timeチャンネル・フォーマット拡張

H.265ビデオ再生

サイド・チェーン時の自動遅延補正対応 (Pro Tools およびPro Tools | Ultimate)

これまでPro Tools | HDX上でのみ可能だった、サイド・チェーン時の自動遅延補正がPro ToolsおよびPro Tools | Ultimateソフトウエアでも可能となりました。これにより、サイド・チェーンされたトラック同士を完璧にシンクさせることが、両ソフトウエア上で実行できるようになります。

サイド・チェーン遅延補正

Pro Tools 2021.6その他の追加機能/改良点:

  • クリップ無しトラックのチャンネル幅の変更
  • 異なったチャンネル幅を持つトラックへのプラグインのドラッグ・アサイン
  • チャンネル幅別トラック表示フィルター(Pro Tools | Ultimateのみ)
  • Intel Turbo Boost 有効/無効 [ファン・ノイズ管理](Intel Turbo Boost 使用可能なIntel Mac上のPro Toolsのみ)
  • SyncX/Sync HD使用時改善点….他

 

Pro Tools 2021.6は、有効なサブスクリプション・ライセンスおよび年間プラン付永続ライセンス・ユーザーが、追加費用無しで入手可能です。AvidLinkまたはMyAvid上のアカウント情報をご確認ください。

現在、有効なサブスクリプション・ライセンスまたは永続ライセンス向け年間プランをお持ちでない場合は、下記リンク先に表示されるAvidチャンネル・パートナーまでお問い合わせください。

Pro Toolsディーラーリスト

Pro Tools | Ultimateディーラーリスト

 

関連情報リンク:

Pro Tools 2020.3-2021.3追加機能情報

 

Pro Toolsで成功する

業界トップのツールを使って、サウンドをパワーアップ。映画/テレビ用の音楽やサウンドの制作から、世界中のアーティスト、プロデューサー、ミキサーとのコラボレーションまで自由自在。