アニメーション映画制作における映画エディターの役割

By in ニュース・トピックス, ビデオ
image_pdfimage_print

実写エディターからすると、アニメーション映画制作における映画エディターの役割は、謎めいているかもしれません。ポストプロダクションから編集作業を始めて、制作中のフッテージを撮影し、適切かつテンポよく構成されたストーリーへ編集することに慣れた人から見ると、アニメーションの工程は、逆さまに思えます。実写映画では、最初に撮影して、後で編集します。アニメーションでは、編集から始めて、後で「撮影」するのです。

ここでは、ベテランのアニメーション映画エディターから話を聞き、アニメーション制作工程全体でのエディターの役割を探り、この謎を解き明かします。

アニメーション映画の編集工程

実写映画では、制作前の話し合いや企画にエディターが深く関わることがあります。中には、制作現場に足を運び、作業を見てポストプロダクションに必要なものがカバーされていることを確認するエディターもいます。しかし、実際に実写映画のエディターが担うタスクは、プロジェクトのポストプロダクション段階にすべて含まれます。アニメーションでは、エディターはプリプロ段階からトップスピードで稼働し、ワークフロー全体で重要なタスクを担います。

『トイ・ストーリー2』や『ボックストロール』などの映画制作に参加したエディターのエディ・イチオカ(Edie Ichioka)氏は工程を次のように要約しました。

「アニメーションでは、エディターは監督のビジョンに合わせて、青写真を作り、作り直します。絵コンテとあらすじから始まり、プリビズ、レイアウト、脚本の最終稿、アニメーション、音楽、照明、ショットの合成、スコア、最終ミックス、グレーディングへと進みます。各段階で次の段階へ引き継ぎ、多くの場合、前段階に戻って修正します。」

 

プリプロ

絵コンテとビデオコンテ

実写制作には、おなじみの工程があります。俳優がセットに集まり、カメラが彼らの方向を向いて複数のショットが撮影されます。使用するショットは、後段階のポストプロダクションで選択されます。しかし、アニメーションでこの方法を取ると、法外なコストがかかります。アニメーター、モデラ―、リガーを配置する前に、監督はどのショットを使用するか計画する必要があります。Avidの「Making the Cut」シリーズでイチオカ氏は次のように話しました。「アニメーションは、多くの労力を要し、費用の掛かるプロセスなので、撮影したいものが、アニメーション用にすべて用意されていなければなりません。」

アニメーション・エディターは、あらすじ、音響効果、音楽と絵コンテを組み合わせてビデオコンテを作成して、ストーリーの最終的な構成を探ります。『アナと雪の女王2』エディターのジェフ・ドラヘイム(Jeff Draheim)氏は、ポッドキャストのラフカットで次のように話します。

「最初の段階では、承認されたシナリオを手に入れたら、ストーリー・アーティストが作業にかかります。シーケンス毎に、絵コンテを作成して、編集に送ります。このシーケンスには、数日間を費やし、尺を決めていきます。セリフがあるものでは、早い段階で俳優を参加させたくないので、多くの場合は代役を立てて収録します。音響効果を追加するところも、同様に作業します。終わったら、音楽エディターをスタッフに加えて、素材を渡します。彼と一緒にシーケンスをチェックし、そこに入れる音楽のテンポについて話し合います。」

まだアニメーションが何一つ作成されていないこの工程で、エディターは映画の「ファーストカット」を作成します。『スパイ in デンジャー』について、ラフカット・エディターであるクリストファー・キャンベル(Christopher Campbell)氏とランディ・トレーガー(Randy Trager)氏は次のように話します。

「絵コンテは、映画を固めるところです。編集上の物事が、映画のストーリーテリングという視点からここで決まります。つまり、最も重要な工程であるということです。また、編集の立場から言うと、最も楽しい部分の1つです。」

 

プリビズ

ビデオコンテを仕上げたら、エディターはプリビズへかかります。この段階では、レイアウト・アーティストとビジュアル・デザイナーと協力して、アニメーションへのゲートウェイを作成します。絵コンテアートを3Dコンピューター環境に取込みます。背景、プロップ、キャラクターのモックアップ、カラーパレットなどの要素を組み込んで世界を肉付けし、アニメーターに作業のロードマップを提供します。

「シーケンスがレイアウトまで承認されたら、アニメーターに渡されて、次に彼らが魔法を施します」とドラヘイム(Draheim)氏は話します。

制作

この段階で「撮影」が行われます。プリプロで築いた基礎に基づき、アニメーターが仕事に取り掛かります。ビデオコンテとプリビズを基に、個々のアニメーションショットをすべて作成します。エディターに戻されるのは、これらのショットです。カメラの前に俳優を置かないまま、編集して最終的なストーリーを作成するための「映像」を作成します。

 

ポストプロダクション

アニメーターが「ショット」を作成したら、エディターはすべてのピースをはめることができます。誰かが撮影した素材を最終的なシーケンスにレイアウトするこの段階は、実写編集に最も似ているかもしれません。しかし、実写エディターは遭遇しないかもしれないことがあります。

それは、アニメーションで制作されたショットが、プリプロでエディターが計画したタイミングと一致するかどうかという問題です。ドラヘイム(Draheim)氏は次のように話します。「映像のすべてが手元に戻り始めると、アニメーターがこのショットには24フレーム加えたとか、このショットから8フレーム削除したなどが分かります。」

これは、少し厄介にもなるところですが、アニメーションは、最も労働集約的で、それゆえコスト高な工程です。サラ・レイマー(Sarah Reimers)氏 (『メリダとおそろしの森』、『ファインディング・ドリー』)は「Making the Cut」で次のように話しました。

「アニメーションは、とてもコストがかかるため、全てを最終的にレンダリングした後は、できるだけ編集の微調整を余りおこなわないようにします。ショットをリレンダリングするならば、するだけの価値がなければなりません。」

この段階は、プリプロにおけるエディターの作業の重要性を浮き彫りにします。アニメーション前の準備が、ストーリーの流れを全て定義します。その時点で、ペースやタイミングを変更する決定を下すほうが、事後に行うよりもはるかに簡単です。

 

すべてはストーリーテリング

アニメーション映画制作における映画エディターの役割は、実写エディターの役割とは大きく異なる場合があるのは事実ですが、結局のところ、目標は同じ、良いストーリーを作るということです。

「すべてはストーリーなのです。実写もアニメーションも同じ通貨を使います。ただ、使い方が違うのです。実写では先行して使いますが、アニメーションでは長期にわたり使い続けます」とイチオカ(Ichioka)氏は話します。そして、この世界にどっぷり浸かったエディターには、信じられないほど満足できるものになるのです。

トレーガー(Trager)氏は、次のように話します。
「工程全体でさまざまな創作筋が使えるのは、とても楽しいです。退屈とは無縁です。一緒に、またはそれを通じて新しい何かにいつも取り組んでいます。」

Avid Media Composer

一流の映画、テレビ、放送局のエディターが使用するツールでストーリー制作を加速します。4K/UHD の編集もこれまでになくスピーディかつ簡単に行えます

Amy Leland is a film director and editor. Her short film, Echoes, is available on Amazon Video. She is an editor for CBS Sports Network.